シャンプー成分事典

シャンプー成分事典

カプリルヒドロキサム酸(シャンプー成分事典)

カプリルヒドロキサム酸は、防腐剤の補助として使用されます。真菌(カビ、酵母)に対して活動を抑える働きがあり、防腐剤の配合量を低減する目的で配合されます。
シャンプー成分事典

ジオレイン酸ポリグリセリル-10(シャンプー成分事典)

ジオレイン酸ポリグリセリル-10は、ノニオン(非イオン)界面活性剤で、乳化剤や洗浄剤として使用されます。
シャンプー成分事典

水添野菜油(シャンプー成分事典)

水添野菜油は、水素添加と呼ばれるプロセスを踏んだ植物油から得られるワックスです。商品を固形状にするだけでなく、角質層に水分保持して、肌触りを柔軟にします。
シャンプー成分事典

(クエン酸/乳酸/リノール酸オレイン酸)グリセリル(シャンプー成分事典)

(クエン酸/乳酸/リノール酸オレイン酸)グリセリルは、植物由来の乳化剤で、リッチな肌感を長時間持続する感触改良剤としても使用されます。保護バリアを形成することにより、保湿機能も保有しています。
シャンプー成分事典

ユビキノン(シャンプー成分事典)

ユビキノンとはコエンザイムQ10のことで、抗酸化さようがあり、紫外線による脂質の過酸化を抑制する働きがあることから、抜け毛や白髪予防の目的で頭皮ケア商品に使われます。
シャンプー成分事典

クマザサエキス(シャンプー成分事典)

クマザサエキスは、クマザサの葉から抽出して得られる植物エキスです。ヘアケア製品などに使用される場合は、抗アレルギー作用を期待して配合されるほか、フケ、カユミの防止のために配合されることもあります。健康食品やサプリメントとしても活用されており防腐作用やアクネ菌の抑制も期待できます。
シャンプー成分事典

サンザシエキス(シャンプー成分事典)

サンザシエキスは、サンザシの果実から抽出して得られる植物エキスで保湿作用、収れん効果、抗酸化作用などが期待されます。
シャンプー成分事典

トウヒエキス(シャンプー成分事典)

トウヒエキスは、血行促進効果、皮膚柔軟化効果、紫外線防御効果、鎮静効果、肌機能活性化効果が期待され、スキンケア製品に配合されており、乾燥から肌を守りハリ、ツヤのある健康的な肌を維持します。
シャンプー成分事典

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI(シャンプー成分事典)

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCIは、アミノ酸系の両性界面活性剤で髪に滑り性を付与し帯電性を抑え、保湿効果による水分保持などトリートメント効果に優れシリコーンの代替としても使われるほか、切れやすくなった傷んだ毛髪に吸着して切れにくくする作用もあります
シャンプー成分事典

水添ファルネセン(シャンプー成分事典)

水添ファルネセンは、サトウキビから作られる成分で、エモリエント成分として、ヘアケアやクレンジングに使用される油性成分です。その他、スキンコンディショニング剤として頭皮の調子を整えるほか溶剤として使用されることもあります。
タイトルとURLをコピーしました