シャンプー成分事典

シャンプー成分事典

ラウロイルラクチレートNa(シャンプー成分事典)

陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。アミノ酸の一種である乳酸とラウリン酸とから得られる界面活性剤で、皮膚刺激が低い界面活性剤として化粧品にも広く使用されます。シャンプーなどへは乳化を目的として配合されます。
シャンプー成分事典

カルボマー(シャンプー成分事典)

ルボマーとは、カルボキシビニルポリマーの略称で水溶性の高分子ポリマーです。増粘作用(粘りけを出す)を目的に配合され、最も広く使用されている増粘剤のひとつです。
シャンプー成分事典

コレステロール(シャンプー成分事典)

主に動物の組織内に広く存在する動物ステロールで、シャンプーなどに配合される場合は保湿作用、乳化安定、セラミドの安定化によるバリア機能の改善、有効成分の頭皮への吸収効果の向上などを目的に配合されます。
シャンプー成分事典

アシタバ葉/茎エキス(シャンプー成分事典)

アシタバの葉や茎から抽出される植物エキスです。頭皮の保湿や頭皮の血行促進効果のほか、頭皮細胞の活性化や、毛根に働きかけてメラニンを生成する働き(白髪防止)なども期待されます。育毛剤にも使用される成分で頭皮環境の改善に効果があります。
シャンプー成分事典

セージ葉エキス(シャンプー成分事典)

シソ科のセージの葉から抽出して得られる植物エキスです。食品分野で肉・魚介料理の臭み消しとして用いられているほか、ハーブティーやうがい薬、マウスウォッシュとしても使用されています。抗アレルギー作用、頭皮の糖化作用防止、消臭作用などがあり、その他にも、血行促進や抗炎症、抗酸化、収れん、殺菌などが期待され、頭皮環境を整えてくれることから育毛剤などにもよく使われる成分です。
シャンプー成分事典

タチジャコウソウ花/葉/茎エキス(シャンプー成分事典)

コモンタイム(和名:タチジャコウソウ)の地上部から水、エタノール、BG、またはこれらの混液で抽出して得られる植物エキスです。シャンプーなどに配合される場合は、独特の薬草香があり香料として配合されるほか、収れん作用や抗炎症、抗菌作用、抗酸化作用、血行促進作用なども期待されます。
シャンプー成分事典

腐植土抽出物(シャンプー成分事典)

腐植土抽出物は海底などに堆積した動物と植物質の分解によってつくられる暗色で有機部分の土を好気性の細菌で発酵させた後、抽出したエキスで、フルボ酸エキスや海洋性腐植土壌エキスまたはフムスエキスとして使われています。天然のポリフェノールで、保湿、抗菌、抗酸化、皮膚コンディショニングなどの効果が期待されます。
シャンプー成分事典

ポリ-ε-リシン(シャンプー成分事典)

トウモロコシなどを微生物発酵して生成される天然のポリマーで、保湿作用があります。また、抗菌作用が有り食品にも使用されている成分です。1,3-ブチレングリコールなどと併用したりすることでパラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を低くすることができます。静電気防止やキューティクル補修、毛髪の感触改善、指通りをよくする作用があります。
シャンプー成分事典

1,2-ヘキサンジオール(シャンプー成分事典

優れた抗菌性を有する多価アルコールで、保湿、抗菌・防腐のために使用されます。低濃度でも比較的高い抗菌力を発揮することから、パラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を低くする目的で使われます。水やアルコール(エタノール)によく溶け、保湿効果があることから、化粧品の基本成分としてもよく使われます。
シャンプー成分事典

ビフィズス菌エキス(シャンプー成分事典)

ビフィズス菌発酵エキスとは、ビフィズス菌培養物から抽出したエキスです。皮膚の善玉菌の細菌フローラを形成しており、ビフィズス菌発酵エキスに加えて、アミノ酸、ミネラルなどを配合すると肌のバリヤー機能を健全に保つことが期待できます。育毛にも好影響を与えることが期待でき、自然派化粧品や各種シャンプー育毛シャンプー、育毛剤などへも配合されています。
タイトルとURLをコピーしました