シャンプー成分事典

イソステアリン酸(シャンプー成分事典)

イソステアリン酸は油性基剤としてトリートメント製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品のほか化粧品などへも使用されます。使用感が良好で皮膚や髪の表面での通気性がよいという利点と乳化物の場合に温度差による粘稠度の変化が少ないという特徴があります。
シャンプー成分事典

ミリスチン酸オクチルドデシル(シャンプー成分事典)

ミリスチン酸オクチルドデシルは、油性感が少なく、柔軟に広がる特性や透過性、髪や皮膚への親和性が高いことから、油性基剤として、ヘアケア製品、ヘアスタイリング製品などのほか化粧品にも広く使用されています。また、油溶性の植物エキスを溶かし込む溶剤としても使用されています。
トリートメント

ディアボーテ(HIMAWARI)プレミアムトリートメントオイル(サラサラ)(シャンプー事典)

ディアボーテ(HIMAWARI)プレミアムトリートメントオイル(サラサラ)はクラシエ(Kracie)から発売されているアウトバストリートメントです。この記事では、オイルタイプ(サラサラ)の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。
シャンプー事典

メゾンレクシア「スカルプ&ボディトリートメント プレイフルエッセンス」(シャンプー事典)

「スカルプ&ボディトリートメント プレイフルエッセンス」はメゾンレクシア株式会社(MAISON LEXIA)から発売されている頭皮環境を整えるための、ボディーマッサージにも使える頭皮スカルプトリートメントです。この記事では、スカルプ&ボディトリートメント プレイフルエッセンスの特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。
シャンプー成分事典

カプリルヒドロキサム酸(シャンプー成分事典)

カプリルヒドロキサム酸は、防腐剤の補助として使用されます。真菌(カビ、酵母)に対して活動を抑える働きがあり、防腐剤の配合量を低減する目的で配合されます。
シャンプー成分事典

ジオレイン酸ポリグリセリル-10(シャンプー成分事典)

ジオレイン酸ポリグリセリル-10は、ノニオン(非イオン)界面活性剤で、乳化剤や洗浄剤として使用されます。
シャンプー成分事典

水添野菜油(シャンプー成分事典)

水添野菜油は、水素添加と呼ばれるプロセスを踏んだ植物油から得られるワックスです。商品を固形状にするだけでなく、角質層に水分保持して、肌触りを柔軟にします。
シャンプー成分事典

(クエン酸/乳酸/リノール酸オレイン酸)グリセリル(シャンプー成分事典)

(クエン酸/乳酸/リノール酸オレイン酸)グリセリルは、植物由来の乳化剤で、リッチな肌感を長時間持続する感触改良剤としても使用されます。保護バリアを形成することにより、保湿機能も保有しています。
シャンプー成分事典

ユビキノン(シャンプー成分事典)

ユビキノンとはコエンザイムQ10のことで、抗酸化さようがあり、紫外線による脂質の過酸化を抑制する働きがあることから、抜け毛や白髪予防の目的で頭皮ケア商品に使われます。
シャンプー成分事典

クマザサエキス(シャンプー成分事典)

クマザサエキスは、クマザサの葉から抽出して得られる植物エキスです。ヘアケア製品などに使用される場合は、抗アレルギー作用を期待して配合されるほか、フケ、カユミの防止のために配合されることもあります。健康食品やサプリメントとしても活用されており防腐作用やアクネ菌の抑制も期待できます。
タイトルとURLをコピーしました