シャンプー成分事典

PG(プロピレングリコール)(シャンプー成分事典)

PG(プロピレングリコール)は保湿作用があるほか、防腐剤として単独ではなく他の防腐剤と併用されることがあり、溶剤や製品を安定させる作用にも優れていることから、化粧品などにも広く使用されている成分です。
シャンプー成分事典

ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース(シャンプー成分事典)

ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースは界面活性剤ですが、洗浄目的では無く刺激緩和、保湿剤、エモリエント剤、乳化剤や、特に洗浄剤の粘度調整に使われることの多い成分です。
シャンプー成分事典

オキシベンゾン-5(シャンプー成分事典)

オキシベンゾン-5は、製品自体の退色・変色防止のために配合される成分です。
シャンプー成分事典

ポリクオタニウム-50(シャンプー成分事典)

ポリクオタニウム-50はメーカーにより2種類の製品がありシャンプーなど洗浄剤処方へ添加することで、クリーミーで弾力感のある泡にし、すすぎが早く、洗い流しやすくなるものと、使用後の毛髪に柔らかな仕上がり感やシリコーンのような滑らかさを与える製品の2系統があります。
シャンプー成分事典

PEG-2カプリリルアミン(シャンプー成分事典)

非イオン性界面活性剤で、泡立ちや、増泡性の向上に優れた成分で、幅広いpHで使用可能で、抗菌性もあることから、石鹸やシャンプーなどに広く使用されています。
シャンプー成分事典

フリージアアルバ花エキス(シャンプー成分事典)

フリージアアルバの花から抽出したエキスで皮膚コンディショニング効果があるとされています。
シャンプー成分事典

ブドウ種子エキス(シャンプー成分事典)

ヨーロッパブドウの種子から抽出して得られる植物エキスで、抗酸化作用があることからUVからの毛髪の保護、頭皮の活性化などの効果が期待されます。
シャンプー成分事典

クロフサスグリ果実エキス(シャンプー成分事典)

クロフサスグリ果実エキスに含まれるアントシアニンは、抹消の血流を良くする働きがあります。一般的には、保湿成分として使用されています。
シャンプー成分事典

クロフサスグリ種子油(シャンプー成分事典)

クロフサスグリ種子油は一般的にはエモリエント作用を期待して配合されますが、γ-リノレン酸の含有量が多く、湿疹、皮膚炎などの症状を減少させ、乾燥肌や荒れ肌を改善し、皮膚(頭皮)の滑らかさを改善する効果が期待できます。
シャンプー成分事典

ビルベリー果実エキス(シャンプー成分事典)

ビルベリー果実エキスはアントシアニンを豊富に含み、抗酸化作用の他、頭皮環境改善作用があります。
タイトルとURLをコピーしました