シャンプー成分事典

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル(シャンプー成分事典)

マカデミアナッツ油から得られる高級脂肪酸を結合して得られる植物ステロールエステルです。抱水性エモリエント作用があり頭皮やヘアコンディションを改善します。
シャンプー成分事典

γ-ドコサラクトン(別名:エルカラクトン)(シャンプー成分事典)

γ(ガンマ)-ドコサラクトンは「エルカラクトン」とも呼ばれ、日本精化株式会社が開発した毛髪の補修成分です。ナタネの種子から得られるヘアケア成分で、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱をにより髪のアミノ基と結合し、ダメージヘアーを補修します。加齢や紫外線、ドライヤーなどでめくれ上がった髪のキューティクルを修復する作用があり、うねりやクセ、絡まり、ハリやコシがない、広がりやすい髪など
シャンプー成分事典

グルタミン酸(シャンプー成分事典)

酸性アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸で、髪の主な成分であるケラチンのうち13.8%がグルタミン酸です。保湿作用が有りシャンプーなどに配合される場合は、頭皮環境の改善が期待されます。
シャンプー成分事典

アスパラギン酸(シャンプー成分事典)

酸性アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸で、保湿効果により頭皮環境の改善が期待されます。
シャンプー成分事典

リシン(別名リジン:lysine)(シャンプー成分事典)

アミノ酸の一種である塩基性アミノ酸に分類される水溶性アミノ酸で、髪の主成分であるケラチンのうち2.5%を占める成分。主な効能としては角質層水分量増加による保湿作用があり、抜け毛の原因になる頭皮環境の改善のためにシャンプーなどにも使用されています。
シャンプー成分事典

プロリン(シャンプー成分事典)

中性アミノ酸のイミノ酸に分類される水溶性アミノ酸で、髪の主要成分であるケラチンの内6.7%がプロリンです。主な機能としては角質層水分量増加による保湿作用が期待され、ヘアケア製品には頭皮や髪のコンディションを整える目的で使用されます。
シャンプー成分事典

フェニルアラニン(シャンプー成分事典)

中性アミノ酸の芳香族アミノ酸に分類される疎水性(水に混ざりにくい)アミノ酸で、髪の主要成分であるケラチンの18種類の構成成分で、ケラチンの2.5%を占める成分です。保湿作用があることから主に基礎化粧品に使用され、肌が乾燥することから守る働きをします。シャンプーやトリートメントに配合することで、しっとりしたまとまりのよい髪にする効果があります。
シャンプー成分事典

ヒスチジン(シャンプー成分事典)

塩基性アミノ酸に分類されるアミノ酸で、髪の主要成分であるケラチンを構成する18種類のアミノ酸の1つです。天然保湿因子NMFの成分で、保湿作用や新陳代謝を促進する働きがあり、またヒスチジンを補うことで毛髪のパサつきの抑制、改善に効果があると考えられます。髪の毛のダメージを抑えまとまりよくすることから、シャンプーやトリートメントに使用されます。
シャンプー成分事典

バリン(シャンプー成分事典)

中性アミノ酸の脂肪族アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸で、髪の主要成分ケラチンのうち5.6%を占める成分です。角質層水分量増加による保湿作用の目的で使用されます。
シャンプー成分事典

トレオニン(別名スレオニン:threonine)(シャンプー成分事典)

トレオニン(別名スレオニン:threonine) は中性アミノ酸のオキシアミノ酸に分類される水溶性アミノ酸で髪の主要成分のケラチンの7.6%を占める成分です。肌(頭皮)細胞の活性化や保湿作用効果、紫外線防止作用があることから、頭皮環境や髪のハリやコシを改善する成分として配合されています。
タイトルとURLをコピーしました