記事内に広告を含む場合があります。
シャンプー事典

グローイングショット グラマラスケア シャンプー(シャンプー事典)

グローイングショット グラマラスケア シャンプーはポーラから発売されているシャンプーです。この記事では、グローイングショット グラマラスケア シャンプーの特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。
シャンプー成分事典

グリシン(シャンプー成分事典)

アミノ酸の一種で、広く人や生物の体内にも含まれる成分です。髪の毛の主要成分であるケラチンを構成する18種類のアミノ酸のうち、グリシンは約4%を占めています。アミノ酸は、天然保湿因子(NMF)の主要成分で、頭皮環境を整え毛髪の潤いを保つ目的でヘアケア製品に用いられています。
シャンプー成分事典

イソステアロイル加水分解コラーゲン(シャンプー成分事典)

イソステアロイル加水分解コラーゲンは、角質層から基底膜まで深く浸透し、頭皮や毛髪の表面に保護膜を形成して水分を保持し保護します。毛髪の損傷予防に効果があり、艶のある髪にする目的で配合されたりします。毛髪に柔軟性、帯電防止、しっとり感の付与効果があります。
シャンプー成分事典

トチャカエキス(シャンプー成分事典)

トチャカエキスは、海藻の一種であるトチャカのエキスです。保湿効果があり、頭皮などのうるおいを守り、エイジングケアにも効果が期待できます。また、ミネラル、ビタミン、抗酸化物質が豊富に含まれており、頭皮をより健康で栄養のあるものにするのに役立ちます。
シャンプー成分事典

PEG-8(シャンプー成分事典)

PEG-8は、吸湿性・保水性を有しており、頭皮などの保湿だけでなく製品自体の水分を確保するとともに、乳化系や可溶化系の安定性を保持する目的で様々な製品に配合されています。また、水に溶けにくい薬剤を、水や水溶性基剤などに混ぜ合わせる目的で広く用いられています。
シャンプー成分事典

タベブイアインペチギノサ樹皮エキス(シャンプー成分事典)

タベブイアインペチギノサ樹皮エキスは、ブラジルの国樹であるパウダルコの樹皮から抽出したエキスです。抗酸化作用、抗炎症作用、抗真菌作用などがあり、皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化を食い止めたり、改善したりする効果が期待できます。
シャンプー成分事典

イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD(シャンプー成分事典)

イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPDは、コラーゲンペプチドをアシル化することで、毛髪内部を補修可能な”CMCリペア”として作用します。また、保湿性があるので頭皮のうるおいを保ち、柔軟性を持たせる作用もあるので、頭皮環境の改善も期待できます。
シャンプー成分事典

チガヤ根エキスは、チガヤの根から抽出されるエキスです。カリウムが豊富に含まれており、保水力や水分量を増やす効果が期待できます。スキンケア製品に良く使用されており、保湿、頭皮の柔軟化、頭皮のバリア機能強化にも効果があると考えられます。
シャンプー成分事典

加水分解コメエキス(シャンプー成分事典)

精白米の水抽出物をタンパク分解酵素により処理して得られる成分です。保湿効果があり、みずみずしくなめらかな肌に整えます。髪に潤いを与え、保湿効果があります。シャンプーなどに配合された場合、髪の健康を保ち、髪につややかな感触をもたらし、乾燥から髪を保護する助けとなります。
シャンプー成分事典

乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液(シャンプー成分事典)

乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液は、セイヨウナシ果汁を植物性乳酸桿菌で発酵させたエキスです。糖、ミネラル、アミノ酸、タンニンなどを含み、保湿効果に優れています。