シャンプー成分事典

ビフィズス菌エキス(シャンプー成分事典)

ビフィズス菌発酵エキスとは、ビフィズス菌培養物から抽出したエキスです。皮膚の善玉菌の細菌フローラを形成しており、ビフィズス菌発酵エキスに加えて、アミノ酸、ミネラルなどを配合すると肌のバリヤー機能を健全に保つことが期待できます。育毛にも好影響を与えることが期待でき、自然派化粧品や各種シャンプー育毛シャンプー、育毛剤などへも配合されています。
シャンプー成分事典

セイヨウアカマツ球果エキス(シャンプー成分事典)

マツ科植物ヨーロッパアカマツの球果(松ぼっくり、松かさのこと)から抽出して得られる植物エキスです。一般的には肌荒れ・炎症改善作用目的で使用されますが、消炎、抗菌、血行促進、保湿、柔軟などの作用に優れていることから、、育毛ケア製品にも広く活用される成分となっています。その他、フケ原因菌抑制および抗酸化(過酸化脂質抑制作用)目的で設計された混合植物抽出液として配合されている場合もあります。
シャンプー成分事典

オランダガラシ葉/茎エキス(シャンプー成分事典)

オランダガラシ(クレソン)の葉、茎から抽出して得られる植物エキスです。シャンプーや育毛剤に配合される場合は、近年、育毛成分として注目されているR-spondin1産生促進による抗脱毛・育毛の目的で配合されます。
シャンプー成分事典

オドリコソウ花/葉/茎エキス(シャンプー成分事典

シソ科オドリコソウの花や茎、葉、根から抽出される植物エキスです。収れん作用、消炎作用が有り、また皮脂腺の活動を抑制する働きもあることから、頭皮環境を整え脱毛対策として育毛剤やヘアケア製品に配合されます。その他、毛穴を引き締めフケ・痒みを防ぎ、頭皮をきめ細かく良い状態にしてくれる効果が期待されます。
シャンプー成分事典

セイヨウキズタ葉/茎エキス(シャンプー成分事典)

セイヨウキズタ(英名:ivy:アイビー)の葉・茎から抽出して得られる植物エキスです。民間薬として肌の鎮静作用や、うっ血除去作用のある外用薬としても用いられています。抗炎症作用、抗菌作用、保湿作用、抗酸化作用、血管拡張(血行促進)、むくみ改善作用などがあります。血行促進や頭皮環境改善効果が見込めることから育毛剤や育毛シャンプーを含むヘアケア製品に使用されることも多くなっています。
シャンプー成分事典

アルニカ花エキス(シャンプー成分事典)

キク科植物アルニカ(和名:セイヨウウサギギク)の花から抽出して得られる植物エキスで。主な作用としては、抗アレルギー作用、抗酸化作用などが期待されます。
シャンプー成分事典

ゴボウ根エキス(シャンプー成分事典)

ゴボウの根から抽出して得られる植物エキスで、保湿作用、血行促進作用、フケおよび脱毛予防作用による育毛作用目的で配合される成分です。
シャンプー成分事典

ローマカミツレ花エキス(シャンプー成分事典)

ローマンカモミールの花から抽出して得られる植物エキスです。AGEs生成抑制による抗糖化作用(皮膚の老化防止)のほか抗炎症作用、皮膚代謝促進作用、抗菌作用などもあり、頭皮環境を改善することで育毛にも好影響が得られることからシャンプーや育毛剤に活用されています。
シャンプー成分事典

ニンニクエキス(シャンプー成分事典)

ニンニクから抽出して得られる植物エキスです。ニンニクエキスに含まれる成分には末梢血管を拡張し血液循環を活発にする作用が有り、頭皮の血行が向上することで頭皮環境や毛根の活性化が図られ、毛髪の生育に好影響を与える事が期待されます。また、頭皮の水分量が低下している場合に頭皮を保湿する効果があり、頭皮の乾燥が改善され頭皮の健康を維持します。
シャンプー成分事典

サトザクラ花エキス(シャンプー成分事典)

サトザクラ花エキスは里桜の花から抽出した植物エキスです。サトザクラエキスにはコラーゲンの糖化を抑制する、抗糖化作用(メイラード抑制)があり、頭皮の老化を防ぐと共に糖化によって失われるコラーゲンやエラスチンという成分の生成を助ける効果もあります。
タイトルとURLをコピーしました