シャンプー成分事典

クオタニウムー33(シャンプー成分事典)

クオタニウムー33は、羊毛由来のラノリンから作られたカチオン界面活性剤です。毛髪への吸着性に優れ、18-MEAという髪のキューティクルを美しく保つのに重要な成分が含まれていて、髪に艶を出し、静電気を防ぎ、キューティクルのめくれなどを補修し、櫛通りをよくします。
シャンプー成分事典

乳酸桿菌/豆乳発酵液(シャンプー成分事典)

豆乳を基質として乳酸桿菌により発酵した後、ろ過して得られる液です。発酵により、豆乳に含まれる大豆イソフラボン(女性ホルモンに似た働きがある)の吸収性が高くなるほか、保湿効果があり、肌に弾力やハリをもたらすエイジングケア化粧品などにも使用されます。
シャンプー成分事典

ヘンナエキス(シャンプー成分事典)

ヘンナは通称ヘナとも呼ばれ天然系染毛成分として古来からヨーロッパで用いられていました。カラーリング剤のように髪を傷めることが少なく、トリートメント効果もあることから、白髪を目立たなくする目的で、シャンプーやヘアパック等に配合されることが増えています。
シャンプー成分事典

マヨラナ葉エキス(シャンプー成分事典)

マジョラム(和名:マヨラナ)の葉から抽出して得られる植物エキスで各種料理の香味付け、風味付けなどにも使用されています。 主な効能としては抗酸化作用、保湿、血行促進作用が期待され頭皮環境改善による薄毛や抜け毛対策にもつながります...
シャンプー成分事典

ラリックスエウロパエア木エキス(シャンプー成分事典)

ラリックスエウロパエア木エキスは、ヨーロッパカラマツの木部のエキスです。色素幹細胞を刺激し黒髪化を期待する成分で、白髪ケア成分として配合されます。また、保湿効果があるほか、毛包を刺激することで、髪の成長を促し、髪を強化することが期待されます。
シャンプー成分事典

チョウジエキス(シャンプー成分事典)

生薬や香辛料としても有名なチョウジのエキスであり、抗酸化作用、抗アレルギー作用、抗老化作用のほか5α-リダクターゼ活性阻害による抗脱毛作用がが期待されます。また、殺菌、抗炎症、血行促進作用なども期待でき、頭皮環境を改善する効果があることから育毛剤などにも配合されています。
シャンプー成分事典

カワラヨモギ花エキス(シャンプー成分事典)

カワラヨモギの花から抽出して得られる植物エキスで、抗炎症作用、抗アレルギー作用、細胞修復作用などが期待されます。
シャンプー成分事典

乳酸桿菌発酵液(シャンプー成分事典)

糖を発酵して乳酸を生成する乳酸菌によって乳酸発酵された液から、菌体や高分子物質を除去して得られる液体で、皮膚の保湿、あるいは皮膚の弱酸性を維持する目的で化粧品に配合されます。その他、抗酸化作用を有していて、脂質の酸化を抑制する作用も期待できます。
シャンプー成分事典

アセチルチロシン(シャンプー成分事典)

アセチルチロシンは、メラニン合成経路における前駆物質で、白髪ケア用サプリメントでも使われている物質です。
シャンプー成分事典

カプリル酸グリセリル(シャンプー成分事典)

カプリル酸グリセリルは抗菌性があり、防腐剤の補助として使用されるほか、皮膚軟化作用と保湿作用があり、皮膚への油分補給や乳化剤としても広く使用されています
タイトルとURLをコピーしました