ペンチレングリコール(シャンプー成分事典)

 

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコール(二価アルコール:グリコール)です。

濃度を低くしても抗菌性があり、多くのシャンプーなどに使用されていて、保湿作用があり、べたつきのない使用感が特徴です。

 

ペンチレングリコールの特徴

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコール(二価アルコール:グリコール)で、高い抗菌性を有する多価アルコールの一種のアルカンジオールです。

使用される目的は

・保湿作用

・抗菌・防腐

パラベンの代わり、あるいはパラベンの量を減らすために使用されることが多い成分です。

ペンチレングリコールは濃度を低くしても抗菌性があり、多くのシャンプーなどに使用されています。

保湿作用があり、べたつきのない使用感が特徴です。

 

英:Pentylene Glycol

 

ペンチレングリコールの安全性

化粧品など10年以上の使用実績があり、皮膚への刺激やアレルギー性もほとんどありません。

敏感肌の場合、まれにかゆみや炎症などを起こすことがあるものの、シャンプーへの配合量や、通常の使用において安全性に問題の無い成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました