アスコルビン酸(シャンプー成分事典)

 

アスコルビン酸は合成ビタミンCのことで、製品内の成分の酸化を防止する働きがあります。

ビタミンCとしての安定性が悪いため頭皮などへの作用はあまり期待できないと考えられ、美白作用などの目的で使用される場合は、ビタミンC誘導体やプロビタミンCなどと呼ばれる成分が一般的に使用されています。

 

アスコルビン酸の特徴

アスコルビン酸は合成ビタミンCのことで、製品内の成分の酸化を防止する働きがあります。

ビタミンCとしての安定性が悪いため頭皮などへの作用はあまり期待できないと考えられます。

美白作用などの目的で使用される場合は、ビタミンC誘導体やプロビタミンCなどと呼ばれる成分が一般的に使用されています。

 

英:Ascorbic Acid

 

アスコルビン酸の安全性

化粧品などへの10年次用の使用実績があり、食品添加物や医薬品にも使われている成分で、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました