ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルは抱水性エモリエント作用があり、皮膚親和性が高く、またツヤ感がでることから、しっとり感およびツヤ感を付与する目的でシャンプー製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品などに配合されます。

 

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルの特徴

植物ステロールであるフィトステロールズのヒドロキシ基にヒマワリ種子油から得られる高級脂肪酸を結合して得られる植物ステロールエステルです。

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルは抱水性エモリエント作用があり、皮膚親和性が高く、またツヤ感がでることから、しっとり感およびツヤ感を付与する目的でシャンプー製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品などに配合されます。

 

分類:皮膚コンディショニング剤

英:Phytosteryl Sunflowerseedate

 

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルの安全性

5年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどなしとされています。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

タイトルとURLをコピーしました