イソステアリン酸(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

イソステアリン酸は油性基剤としてトリートメント製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品のほか化粧品などへも使用されます。

液体で酸化安定性が優れており、使用感が良好で皮膚や髪の表面での通気性がよいという利点と乳化物の場合に温度差による粘稠度の変化が少ないという特徴があります。

また、アルカリ剤と混ぜると石鹸となることから、石鹸や洗顔フォームなどとしても使用されています。

 

イソステアリン酸の特徴

イソステアリン酸の使用目的は

・油性基剤

これらの目的で、トリートメント製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品のほか化粧品などへも使用されます。

イソステアリン酸は常温で液状で酸化安定性が優れており、使用感が良好で皮膚や髪の表面での通気性がよいという利点と乳化物の場合に温度差による粘稠度の変化が少ないことから、油性基剤としてヘアケア製品だけでなく、スキンケア製品など化粧品にも広く使用されています。

また、アルカリ剤と混ぜると石鹸となることから、石鹸や洗顔フォームなどとしても使用されています。

イソステアリン酸は、オレイン酸と天然ミネラル触媒との反応によって形成される液体脂肪酸です。

 

分類:結合剤、洗浄剤

英:Isostearic Acid

 

イソステアリン酸の安全性

イソステアリン酸は化粧品などへの40年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどなしとされています。

ヘアケア製品などへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

タイトルとURLをコピーしました