酸化チタン(シャンプー成分事典)

 

シャンプーに配合される場合は白色顔料による着色が目的だと考えられます。

酸化チタンは高価なものであるため、酸化亜鉛と併用されることが多くなっています。

酸化チタンは光触媒作用を有しており、光を受けると表面で強力な酸化力を発揮するため、頭皮や皮膚表面でその酸化力が生じると安全上問題ですから、必ず何らかの表面コーティング処理を行った上で配合されます(成分表示には必ず本文中にあるコーティング剤が一緒に表示されているはずです)

 

酸化チタンの特徴

酸化鉱物の一種であるチタン鉄鉱(学名:ilmenite)を細かく粉砕して得られる不溶性のチタン酸化物(無機化合物:白色顔料)です。

化粧品に配合される場合は、UVBおよびUVA散乱およびUVB吸収による紫外線防御作用を期待して配合されますが

シャンプーに配合される場合は白色顔料による着色が目的だと考えられます。

酸化チタンは高価なものであるため、酸化亜鉛と併用されることが多くなっています。

 

酸化チタンの安全性

酸化チタンは光触媒作用を有しており、光を受けると表面で強力な酸化力を発揮するため、頭皮や皮膚表面でその酸化力が生じると安全上問題ですから、必ず何らかの表面コーティング処理を行った上で配合されます。

表面処理剤・分散剤としては

シリカ、水酸化Al、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、トリエトキシカプリリルシラン、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸、ステアリン酸、アルミナ、ポリアクリル酸Naなどのいずれかまたは複数の成分が表示一覧に記載されます。

酸化チタンには動物実験で発がん性があるというデータがあります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました