キャンデリラロウ(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

キャンデリラ草(Candelilla)の茎から抽出・精製して得られる植物性固体ロウです。

他の油性原料に添加することで硬さを上げる機能が優れていて、また比較的高温でも溶けにくくする作用があるほか、油性原料の表面のツヤ、光沢を増加させます。

植物性ですからミツロウ(動物由来の製品)に代わるビーガン用のロウで、頭皮のコンディションを整え、柔らかくする効果も期待されます。

 

キャンデリラロウの特徴

キャンデリラ草(Candelilla)の茎から抽出・精製して得られる植物性固体ロウです。

主にガムやチョコレートのコーティング剤や化粧品の基剤として使用されます。

シャンプーなどに配合される目的は

・油性成分の硬さ向上による感触改良
・耐温性向上による安定化
・ツヤ・光沢

 

油性成分の硬さ向上による感触改良

他の油性原料に添加することで硬度を上げる機能が優れています。

 

耐温性向上による安定化

融点が66-71℃と高く、油性原料に添加し融点を上げることで、耐温性を向上させます。
(高温で溶けにくくする)

 

ツヤ・光沢

油性原料の表面のツヤ、光沢を増加させます。

植物由来の成分ですからミツロウ(動物由来の製品)に代わるビーガン用のロウでもあります。

増粘剤や硬化剤、皮膚軟化剤、スキンコンディショナーなど、多くの利点があり、また、頭皮のコンディションを整え、柔らかくすることが分かっています。

 

キャンデリラロウの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

キャンデリラロウ(Candelilla Wax)は、米食品医薬品局(FDA)によって安全であると見なされている成分です。

米食品医薬品局(FDA)HP(英文)

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました