ヒマワリ葉/茎エキス(シャンプー成分事典)

ヒマワリ シャンプー成分事典

 

ヒマワリ葉/茎エキスは、ヒマワリHelianthus annuusの葉及び茎のエキスです。

頭皮や髪への効能については不明ですが、抗酸化物質が含まれていることから、抗酸化作用の働きが期待されます。

 

ヒマワリ葉/茎エキスの特徴

ヒマワリ葉/茎エキスは、ヒマワリHelianthus annuusの葉及び茎のエキスです。

頭皮や髪への効能については不明です。

 

参 考
ヒマワリの葉/茎から得られた抽出物は、フェノール化合物、すなわち、抗酸化物質が高いことが特徴であり

ジカフェオイルキナ酸を多く含み、これらの天然抗酸化物質は、機能性食品や化粧品の健康促進成分として、また貯蔵寿命を延ばすための食品や化粧品への添加剤として、将来の用途の可能性を秘めています。

出典:抽出を受けたさまざまな成長段階のヒマワリの抗酸化活性とフェノールプロファイルの比較(PMC)

参 考:ジカフェオイルキナ酸
コーヒー中に含まれる代表的なポリフェノールとして、クロロゲン酸類が広く知られています。クロロゲン酸類は、一般に桂皮酸誘導体とキナ酸のエステル化合物と定義され、コーヒー中には主にカフェオイルキナ酸、フェルロイルキナ酸、ジカフェオイルキナ酸からなる9種類の化合物が含まれており、これらの総称をクロロゲン酸類とされます。

参考
ヒマワリ種子油

分類: 皮膚コンディショニング剤

英:Helianthus Annuus (Sunflower) Leaf/Stem Extract

 

ヒマワリ葉/茎エキスの安全性

不明

 

 

タイトルとURLをコピーしました