パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは両面界面活性剤です。

他の両性界面活性剤に比べ、皮膚刺激が少ないことからベビー用シャンプーで使用される事も多くなっています。

硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力をもち、泡立ちも非常に良いです。また、増粘性、帯電防止、ヘアコンディショニング効果もあります。

 

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインの特徴

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは両面界面活性剤です。

アブラヤシの果皮の中の核から抽出したパーム核油を原料としています。

他の両性界面活性剤に比べ、皮膚刺激が少ないことからベビー用シャンプーで使用される事も多くなっています。

 

硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力をもち、泡立ちも非常に良いです。また、増粘性、帯電防止、ヘアコンディショニング効果もあります。

 

分類:帯電防止剤、ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤、洗浄剤、起泡剤、親水性増粘剤

英:Palm Kernelamidopropyl Betaine

 

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインの安全性

両性活性剤の中でも低刺激な成分です。化粧品にも使われている成分で、シャンプーなど、洗い流す用途で使われている場合は、安全性に問題は無いと考えられます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました