ラウロイルサルコシンTEA(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ラウロイルサルコシンTEAは陰イオン(アニオン)界面活性剤に分類されるアミノ酸系洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分ですが洗浄力は比較的高めで、刺激もやや強いのが特徴です。

泡立ちがよく使い心地は良いが、アミノ酸系の洗浄成分としてはやや脱脂力が強くなっています。

 

ラウロイルサルコシンTEAの特徴

ラウロイルサルコシンTEAは陰イオン(アニオン)界面活性剤に分類されるアミノ酸系洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分ですが洗浄力は比較的高めで、刺激もやや強いのが特徴です。

泡立ちがよく使い心地は良いが、アミノ酸系の洗浄成分としてはやや脱脂力が強くなっています。

殺菌力があることから歯磨き粉などにも使用されています。

使用感としてはマイルドで泡立ちも良いのですが、洗浄力が強いことから、体質によっては、向き不向きがあると思います。

 

分類:ヘアコンディショニング剤、洗浄剤

英:TEA-Lauroyl Sarcosinate

 

ラウロイルサルコシンTEAの安全性

1940年代から使用されており、シャンプーなどの洗い流す製品において、安全性に問題は無いと考えられます。

 

タイトルとURLをコピーしました