ブラシカアルコール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

セイヨウアブラナの花(菜の花)から得られる菜種油を原料とした脂肪アルコールで頭皮をやわらかく保つ効果、髪のコンディショニング効果があります。

髪をコンディショニングして柔らかくすることで、髪のもつれや櫛によるダメージを減らし、扱いやすくします。

パームフリーでビーガンにやさしい天然の増粘剤です。

 

ブラシカアルコールの特徴

セイヨウアブラナの花(菜の花)から得られる菜種油を原料とした脂肪アルコールです。

ブラシカアルコールは単体の原料としても乳化安定剤などとして使用されています。

頭皮をやわらかく保つ効果、髪のコンディショニング効果があります。

 

髪をコンディショニングして柔らかくすることで、髪のもつれや櫛によるダメージを減らし、扱いやすくします。

パームフリーでビーガンにやさしい天然の増粘剤であり、ヘアケア、スキンケア、サンケア製品で並外れた安定性を提供する二次乳化剤です。

注:パームフリー
パーム油を生産するためにアプラヤシ農園開発による熱帯林破壊が問題となっています。

注:ビーガン
ビーガンは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことです。

 

Brassica Alcohol:乳化安定剤、エモリエント剤、滑沢剤、親水性増粘剤

 

ブラシカアルコールの安全性

詳細不明

発がん性、毒性、アレルギーとも危険性は少ないと考えられます。

参 考
EWGホームページ(英文)

EWG(環境ワーキンググループ、Environmental Working Group)は健康的な環境生活を保護するため、食料や化粧品などの分野で研究、啓発活動を行う米国の非営利団体

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました