ラウリルグルコシド(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

多価アルコール縮合型のアルキルグリコシドに分類される非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)で、シャンプーなどへ配合される場合は、起泡・洗浄などの目的で配合されます

非イオン界面活性剤でありながら、すすぎ性に優れたさっぱりとした洗浄力を有しており、陰イオン界面活性剤と同等以上の起泡力および泡安定性・泡持続性があります。

 

ラウリルグルコシドの特徴

多価アルコール縮合型のアルキルグリコシドに分類される非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)です。

シャンプーなどへ配合される場合は

・起泡・洗浄

・可溶化

の目的で配合されます。

 

アルキルグリコシドは非イオン界面活性剤でありながら、すすぎ性に優れたさっぱりとした洗浄力を有しており、陰イオン界面活性剤と同等以上の起泡力および泡安定性・泡持続性があります。

また、金属セッケンの分散能に優れ、硬水中でも使用でき、生分解性にも優れています。

 

参考:金属セッケン
セッケンは洗浄力を発揮する前に、水中のミネラル分などと結合してしまうと金属セッケンに変化してしまい、泡立ちが悪くなったり洗浄力を発揮出来なくなったりします。

日本の水はミネラル分の少ない軟水が多いので、あまり問題になりませんが、ヨーロッパなどのミネラル分の多い硬水が多い地域では、セッケンの洗浄力に大きな影響を与えます。

 

その他、植物油の一種であるアルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、アラビアコーヒーノキ種子油、ヒマワリ種子油、スクレロカリアビレア種子油のいずれかを水と混ぜ合わせるために可溶化剤として使用されることがあります。

 

英:Lauryl Glucoside

ラウリルグルコシドの安全性

10年以上の使用実績があり、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました