ヘアマスクって洗い流すものなのでしょうか

使い方

 

ヘアマスクって洗い流すものなのでしょうかという質問を時々受ける事があります。

ヘアマスクの成分の中には頭皮などに長時間残っていると悪影響が出るものもあるので、特殊なものを除いて基本的に洗い流すようにしましょう。

 

化学合成された成分

ヘアマスクには頭皮にあまり好ましくない成分も含まれている

ヘアマスクは主に髪の内部を補修する成分が含まれています。そしてこれらの成分の中には、長期間頭皮に付着していたりすると悪影響を与えるような物も含まれているので、髪に浸透させた後は、洗い流した方が頭皮にへの悪影響がありません。

これはヘアマスクだけでなくトリートメントやコンディショナーなどにも言える事ですし、あまり神経質になる必要はないのですが、なるべく頭皮へのダメージを少なくした方が長い目で見ればやはり頭皮にはつけない方が良いでしょう。

 

またヘアマスクの使い方としては、髪の毛先から中間付近までを重点的につけるように説明してある場合が多いと思います。

これは、髪は毛先に行くほどダメージが大きいこともありますが、なるべく頭皮にはつけない方がよいということも関係しています。

ヘアマスク色々

ヘアマスクの使い方

ヘアマスクにも色々あり、それぞれの説明に従って使ってもらえれば良いのですが、一般的なヘアマスクの使い方としては順番に

シャンプーした後、水気を切る

水気が多くしたたっているようだと、せっかく髪につけたヘアマスクが髪の内部に浸透する前に流れてしまって無駄になります。

ちなみにリンスや、コンディショナーは主に髪の外側をコーティングするものですから、コンディショナーなどを使った後にヘアマスクをしても、効果が落ちます。

シャンプーの後髪の水気を取っている女性

毛先を中心に髪に馴染ませる

指先を使って、毛先を中心に髪をとかすようにヘアマスクを髪に馴染ませていきます。

この時なるべく頭皮にはヘアマスクをつけないように注意します。

5~10分ほど放置する

ヘアマスクは髪の内部を補修する成分がたくさん含まれていますから、髪の内部に成分が十分行き渡るように5~10分ほど放置します。

すぐに洗い流してしまうと、せっかくの成分が内部に浸透しないまま流されてしまいます。

この時ホットタオルやへキャップで髪を包み込むようにすると効果的です。

ホットタオルをしている女性

すすぎは髪の表面のぬめりがなくなるまで

髪に十分ヘアマスクを浸透させたら洗い流します。

この時ヘアマスクをつけたときのヌメリ感がなくなるまでしっかり洗い流します。

もっとも、この時、長時間洗い流しすぎるとせっかく内部に浸透した成分が逆に髪の外側にしみ出してきて、補修効果が台無しになりますから、ほどほどのところでやめておきましょう。

髪がキシキシしてきたら、ヘアオイルの成分が流されてしまっているということですから、洗い流しすぎということになります。

髪をすすいでいる女性

まとめ

ヘアマスクは基本的に洗い流すものです。

製品によっては使い方が少し異なる場合がありますから、それぞれの製品の説明に従って使用するようにしましょう。

ヘアマスクとは?使い方や使う頻度、毎日使ってもいいのでしょうか

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました