シリコンシャンプーとは、シリコンてどういう成分なの

 

シャンプーの話題によく「ノンシリコンシャンプー」ってよく出てきますが、じゃあ「シリコンシャンプー」って何?

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーは何が違うのでしょう。

そもそもシリコンてどのような成分なのでしょう。

 

シリコンシャンプーって何

シリコンシャンプーとは何かという前に、普通の市販のシャンプーにはほとんどシリコンが配合されていて、言ってみれば「シリコンシャンプー」な訳です。

シャンプーにシリコンが入ってるのってあたりまえだからシリコンシャンプーって言う人あまりいなかったのだけれども、ノンシリコンシャンプーっていうものがあるんで

「ノーシリコン」があるなら「イエスシリコン」っていうかシリコン有りのシャンプーがあるのかって疑問に思う人が出てきます。

 

このシリコンがなぜシャンプーに配合されているかというと、市販のシャンプーのほとんどは「高級アルコール系」の洗浄成分を使っています。

ところがこの高級アルコール系の洗浄成分は、洗浄力が少し強め

強めって、汚れがしっかり取れるんだからいいんじゃない?と思う人もいるかもしれないですけど、洗浄力が強いから、髪の表面や内部にある皮脂成分もしっかり洗い流してしまうので、

洗った後、髪の脂分(いうなれば潤滑オイルのようなもの)が不足して、髪がキシキシしてしまうわけです。

 

ですから、この皮脂成分の不足を補い髪をコーティングするために配合されているのがシリコンてわけです。

 

シリコンシャンプー
市販のシャンプー

ノンシリコンシャンプーって何

となると、ノンシリコンシャンプーってシリコンが入ってなくて大丈夫なのかというと

ノンシリコンシャンプーって言うのは基本的にアミノ酸系と言われる洗浄力を適度に落とした洗浄成分を使用しているので、シャンプーしても皮脂の成分が残るので、髪が脂分不足でキシキシすることがありません。

 

ですからアミノ酸シャンプーはノンシリコンで、シャンプーした後、コンディショナーで髪をコーティングする必要もありません。

アミノ酸シャンプーはなぜコンディショナーがいらないのでしょうか

 

ちなみに、高級アルコール系の洗浄成分を使用しているのにノンシリコンシャンプーというのが時たま有り、こういうシャンプーで髪を洗うと髪がキシキシして、髪を傷める原因になるのでご注意下さい。

シャンプーをしている人

シャンプーに配合されているシリコンの成分とは

シリコンは正式にはシリコーン (silicone)という名前で、医薬品や化粧品にも使用される人畜無害な成分です。

資生堂HP「シリコンについて」

シリコンにも色々な種類が有りますが

主なものとして、シクロペンタシロキサン、ジメチコール、ジメチコン、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー、アモジメチコンなどのほか

○○ジメチコン

○○コポリマー

○○クロスポリマー

などの名称の成分が成分表に書かれていればシリコンが配合されていると考えて良いでしょう。

シャンプーに配合されるのは前にも述べたとおり、高級アルコール系のシャンプーの洗浄力が強すぎ、髪を保護している皮脂を綺麗さっぱり洗い流してしまい、そのままではバサバサの状態になってしまうので、髪をコーティングするために使用されるものです。

さらに、髪をコーティングし保護する為のコンディショナーなどにもしっかりシリコンは配合されています。

まとめ

一般に市販されているシャンプーの洗浄成分は、洗浄力が強めの高級アルコール系の洗浄成分を使用していて、皮脂を綺麗に洗い流してしまいます。

そのままでは髪がバサバサになり、キシキシするので、髪にオイル分というか、コーティングすることで艶を出したり滑りを良くするためにシリコンが配合されています。

 

一方、適度な洗浄力で皮脂を適度に残してくれるアミノ酸系のシャンプーにはシリコンが配合されておらず、ノンシリコンシャンプーとなっています。

もっとも高級アルコール系のシャンプーなのに、ノンシリコンが人気なのに便乗して、本来シリコンが必要なのにノンシリコンにしている高級アルコール系のシャンプーがあるので注意が必要です。

 

シャンプーの洗浄成分の種類は3種類、その違いと特徴は?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました