シャンプーで使われるアミノ酸系洗浄成分とは

アミノ酸系洗浄成分とは シャンプーの基礎知識

 

高級シャンプーなどによく使われる、アミノ酸系洗浄成分とは

どのような種類があって、どのような特徴があるのでしょう。

 

アミノ酸系の洗浄成分とは

アミノ酸系の洗浄成分は、市販のシャンプーの多くに使用されている高級アルコール系の洗浄成分に比べて洗浄力や、泡立ちがマイルドなのが特徴です。

なぜ、洗浄力がマイルドなアミノ酸系の洗浄成分を使うのかというと、

高級アルコール系の洗浄成分は泡立ちが良く、洗浄力が強力なのは良いのですが、逆に、頭皮や髪への刺激がちょっと強めで、頭皮トラブルがあったり、髪にダメージを受けている人だと、刺激が強すぎるというデメリットがあります。

 

また、高級アルコール系の洗浄成分は、頭皮や髪についている皮脂を、きれいさっぱり洗い流してくれるというと良いんじゃ無いって思うかもしれませんが

皮脂は元々、頭皮や髪を保護するために身体の中から分泌されて出てくる成分です。

それを、残さず洗い流してしまうと言うことは、髪や頭皮をコーティングしてカバーする成分が何も無くなってしまうことになります。

髪の水分をタオルでとっている女性

このため、高級アルコール系の洗浄成分を使ったシャンプーの場合、洗い終わった後、リンスやコンディショナーなどで脂分を補給する必要があったり

あるいは、人間の防衛反応として、頭皮から過剰に皮脂が分泌されることになったりします。

一方、アミノ酸系の洗浄成分は、ある程度、適度に髪や頭皮の皮脂を残してくれるので、シャンプー剤にシリコンなどを配合したり、シャンプー後にシリコンなどが入っているリンスやコンディショナーで髪をコーティングする必要もありません。

 

また、洗浄力や刺激がマイルドなので、頭皮トラブルがおきたり、髪へのダメージが最小限に抑えられるなどのメリットがあります。

もっとも、この刺激が少ない=洗浄力がマイルドで泡立ちがイマイチ

という点について、アミノ酸系のシャンプーに慣れていない人には、汚れがしっかり取れない、さっぱり感が無いなどとして、デメリットと感じる場合もあります。

 

高級アルコール系のシャンプー
市販のシャンプー

一般に市販されているシャンプーのほとんどは、洗浄力の強い高級アルコール系のシャンなので、アミノ酸系のシャンプーのメリットが良く理解されていなかったり、

どうしても、価格が高いことから、あまり一般的に使用されていない=販売量が限定的で、価格も高止まりしてしまう結果にもなります。

加えて、価格が高い分、付加価値をつけるために、アミノ酸系のシャンプーには育毛成分や、髪を修復するための成分が多種類にわたって添加されていることが多く、さらに、価格が高止まりすることにつながっています。

アミノ酸系の洗浄成分の種類

ひとくちにアミノ酸系の洗浄成分と言っても、いくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。

アミノ酸系洗浄成分の種類

グルタミン酸系

グルタミン酸系は洗浄力はマイルドですが、保湿効果が高くしっとりとした仕上がりが特徴。

乾燥毛や硬い髪におすすめの成分です。カラーやパーマの持ちが良く、ダメージヘアにも適しています。

泡立ちや洗浄力はマイルドなので、脂性肌の方やスタイリング剤をよく使う人には、洗浄力が不足する場合があります。

ココイルグルタミン酸Na
ココイルグルタミン酸TEA
・ココイルグルタミン酸K
・ラウロイルグルタミン酸Na
・ラウロイルグルタミン酸K
・ミリストイルグルタミン酸Na
・ラウロイルグルタミン酸TEA
・ステアロイルグルタミン酸Na

 

グリシン系

グリシン系はアミノ酸洗浄成分の中でも比較的泡立ちが良いのが特徴です。

洗浄力がやや強めで、石けんに近い使用感の洗浄剤なので仕上がりは、ややキシキシ感がでやすく、ダメージ毛にはあまり適していません。

・ココイルグリシンNa
・ココイルグリシンTEA
ココイルグリシンK

髪の綺麗な女性

アスパラギン酸系

アスパラギン酸系はアミノ酸洗浄成分の中では比較的泡立ちが良く、すっきりとした使用感が特徴です。

・ラウロイルアスパラギン酸Na
・アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA

 

アラニン系

アラニンを使った洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分の中では最も泡立ちが良いのが特徴で、洗浄力も他のアミノ酸洗浄成分よりはやや強いものになっています。

ココイルメチルアラニンNa
・ラウロイルメチルアラニンTEA
ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルアラニンTEA
ミリストイルメチルアラニンNa

 

タウリン系

タウリン系は、きめの細かい泡立ちとさっぱりとした使用感が特徴です。

適度な洗浄力があるので、脂性肌の方やスタイリング剤をよく使う人にも適していて、重くならずふんわりとした仕上がりが特徴です。

一般的にはアミノ酸系に含めないことが多いですが、メーカーによってはアミノ酸系シャンプーとして販売している場合があります。

ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルタウリンNa
・ミリストイルメチルタウリンNa
・ステアロイルメチルタウリンNa

 

サルコシン系

サルコシン系は1940年代に開発された陰イオン界面活性剤で、アミノ酸系の中でも洗浄力や泡立ちが強く、最近はあまり使われていません。

・ココイルサルコシンNa
・ラウロイルサルコシンNa

 

 

タイトルとURLをコピーしました