ココイルメチルタウリンNa(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ココイルメチルタウリンNaは、陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)になります。皮膚刺激や粘膜刺激が非常に低く、肌荒れを起こすようなリスクが少ないため、肌の弱い人や赤ちゃんにも安心して使える界面活性剤(洗浄成分)です。

また起泡性や洗浄力も優れており、メインの洗浄剤だけでなく補助の洗浄剤として使われることも多い洗浄成分です。

 

ココイルメチルタウリンNaの特徴

ヤシ油から得られる脂肪酸の塩化物とN-メチルタウリンの縮合によって得られるココイルメチルタウリンのナトリウム塩であり、陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)になります。

 

成分的には厳密にはアミノ酸系ではないのですが、アミノ酸の一種として分類されることが多いです。

主成分としてはラウリン酸とミリスチン酸がメインになります。

 

シャンプー製品などに配合される場合は、

起泡・洗浄剤として使用されます。

シャンプー製品のほか、ボディ&ハンドソープ製品、洗顔料、クレンジング製品などに使用されています。

 

ココイルメチルタウリンNaは洗浄力および起泡力を有しており、水の硬度やpHの影響を受けにくく、弱酸性領域、硬水中でも優れた起泡性を示すことから、広範囲に使用できるのが特徴です。

肌刺激がソフトで穏やかな洗浄剤ですが、洗浄力は適度にあり、泡持ち、泡質に優れています。

 

分類:洗浄剤

英:Sodium Methyl Cocoyl Taurate

ココイルメチルタウリンNaの安全性

30年以上の使用実績があります。皮膚刺激性は20%濃度以下においてわずか、また濃度依存的に刺激性が増す可能性があり、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないとされています。

その他、タンパク変性は低く、キューティクル剥離性も弱いとなっています。

シャンプーのような短時間の使用でかつ、完全に洗い流すような製品において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました