LPG(シャンプー成分事典)

 

液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)のことで、圧力をかけると液体になり、噴射すると室温で気体に変化する特性を生かしてLPGとほかの液体を混ぜて溶解し、それを缶などに詰めてスプレーなどの噴射剤として使用されます。

成分を泡状にすることで使いやすくし、なじみが良くなるのでヘアケア商品によく使用されます。

 

LPGの特徴

液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)のことで、石油から得られる揮発性炭化水素の混合物、一般的にプロパンガスと呼ばれています。

圧力をかけると液体になり、噴射すると室温で気体に変化する特性を生かしてLPGとほかの液体を混ぜて溶解し、それを缶などに詰めてスプレーなどの噴射剤として使用されます。

 

一般のプロパンガスなどの場合は、危険回避のために法律によって独特の臭いがついていますが、スプレー製品などに使われる場合は臭いをつける前の無臭のLPGを使用しています。

成分を泡状にすることで使いやすくし、なじみが良くなるのでヘアケア商品によく使用されます。

 

LPGの安全性

有害物質を排除してあり、人体への安全性に問題はありません。

ただし濃度が約2%~9.5%の場合、簡単に引火しますから、締め切った部屋などで大量に使用する場合は注意が必要です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました