キャピキシル(シャンプー成分辞典)

 

キャピキシルは育毛成分で、同じ育毛成分のミノキシジルと比べても3倍の効果があると言われています。

主な成分はアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3でカナダの化粧品開発会社で開発された成分

 

アカツメクサ

アカツメクサ

キャピキシルの特徴

アカツメクサに含まれるビオカニンAには男性型脱毛(AGA)の原因になる5αリダクターゼの強力な阻害効果があり、AGA(抜け毛)の抑制効果が期待できます。

 

またアセチルテトラペプチド-3は極めて強い細胞修復作用を持つ4つのアミノ酸で構成された物質で、衰えた毛母細胞を復活させ発毛作用を促進する働きがあります。

 

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS(ルーカスマイヤーコスメティックス)社によってキャピキシルが開発されています。

 

ミノキシジルが医薬品や医薬部外品に指定されているのに対して、キャピキシルは育毛効果が期待されてはいますが、医薬品などには指定されておらず、化粧品減量という位置づけになります。

 

キャピキシルの安全性

現在の所キャピキシルに関する副作用は報告されていないようです。

まれに、成分自体に対するアレルギー反応がある可能性はあります。

ミノキシジルは女性は使用出来ず男性用の育毛成分となりますが、キャピキシルは性別を選ばず使用することが出来ます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました