ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(シャンプー成分事典)

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドは別名を「ピディオキシジル」といい、発毛を促進するミノキシジルとよく似た成分です。

血行を促進し、毛母細胞へ酸素や栄養分をしっかり補給することで毛髪の成長を助けます。

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドの特徴

高血圧の治療薬であったミノキシジルには「副作用」として発毛効果が有ることから発毛剤として使われるようになりましたが、ミノキシジルには、本来の薬としての血圧低下作用があるほか

頭痛やかぶれ、痒み、性欲減退などの副作用もあることから開発されたのがピロリジニルジアミノピリミジンオキシドです。

 

ミノキシジルの分子構造をわずかに変更し副作用を抑え、育毛作用はミノキシジルと同等で、しかも吸収されやすいという特徴があります。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドには男性ホルモンに作用する働きは無く、女性の薄毛には効きやすいものの、男性の場合は効果が出にくい場合があります。

 

頭皮の血行を促進させ、発毛・育毛に必要な栄養が届きやすくなり、また毛母細胞を活性化するため、ヘアサイクルが正常になり、現在生えている髪を太く抜けにくくし、発毛力をアップさせる効果が期待できます。

ただし、ミノキシジルにある成長因子を分泌を促進させる効果はなく、医薬品・医薬部外品の成分としては認められておらず、化粧品原料として認定されています。

 

育毛剤、まつげ美容液、ヘアコンディショニング剤、パーマネント・ウェーブ用還元剤などとして使用される。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドの安全性

副作用はないので安心して利用できる成分。副作用の点からミノキシジルを利用できなかった人でも利用できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました