安息香酸Na(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

食品などにも使用される、抗菌・防腐剤です。酸性成分の中で高い抗菌性を発揮し、他の防腐成分と併用されることが多くなっています。

シャンプーではフェノキシエタノールまたはメチルパラベンと併用されることが多いようです。

 

安息香酸Naの特徴

水に溶けにくい安息香酸に水溶性のナトリウム塩を反応させて水に溶けやすくしたものです。

一般的には食品・飲料の保存剤・防腐剤として広く使用されており、また医薬品や化粧品の防腐剤としても使用されています。

 

最もよく使われる防腐剤のひとつですが、酸性域にしか抗菌作用を示さないことから、シャンプーや化粧品においては他の防腐成分と併用されることが多くなっています。

(アルカリ性の成分の中では不活性であり、酸性成分の中で高い抗菌性を発揮します)

 

シャンプーに配合される場合は、抗菌・防腐剤として使用されます。

安息香酸Naが配合された多くの製品でフェノキシエタノールまたはメチルパラベンが併用されており、安息香酸Naと併用することで防腐効果を向上させる働きがあります。

 

安息香酸Naの安全性

・10年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:わずか
・皮膚感作性:ほとんどなし
・皮膚感作性(アレルギー性皮膚炎を有する場合):ほとんどなし(感作率0.7%)
・光毒性・光感作性:ほとんどなし

シャンプーや化粧品への配合量は1%以下に制限されており、配合上限濃度以下かつ通常の使用において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました