加水分解コラーゲン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

コラーゲンを加水分解し分子量を小さくすることで肌の内部へ浸透するようにした成分です。

保護膜を作ることから、キューティクルが傷みにくくなり、髪にしなやかさを与えます。

また、頭皮などへの浸透で水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲン産生促進による抗老化作用、ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用などが期待されます。

 

加水分解コラーゲンの特徴

豚や魚介類などの生体組織より抽出・精製して得られるアテロコラーゲン(水溶性コラーゲン)を加水分解(酸、アルカリ、酵素などで反応させて分子を小さくすること)して得られるコラーゲンペプチドまたはコラーゲントリペプチドです。

 

水溶性コラーゲン(アテロコラーゲン)は、分子量が大きく、皮膚に浸透することはなく、主に皮膚表面での保湿剤として使用されていますが、皮膚への吸着性や浸透性を向上させるために水溶性コラーゲンをさらに分解したものが、コラーゲンペプチドまたはコラーゲントリペプチドです。

コラーゲンペプチドは、アテロコラーゲンよりは分子量が小さくなっていますが、皮膚浸透性を有するほど分子量が小さくはなく、効果・作用としては水溶性コラーゲンと同程度ですが、コラーゲントリペプチドになると皮膚浸透性を有するため、コラーゲンやコラーゲンペプチドにはない皮膚内部での保湿作用や皮膚改善作用が期待できます。

 

化粧品成分表示一覧には、どちらも加水分解コラーゲンと記載されますが「浸透型コラーゲン」などの記載があれば、コラーゲントリペプチドであると考えられます。

保護膜を作ることから、シャンプーやトリートメントに配合するとキューティクルが傷みにくくなり、髪にしなやかさを与えます。

 

コラーゲントリペプチド(浸透型コラーゲン)であれば

・水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用

・コラーゲン産生促進による抗老化作用

・ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用

などが期待されます。

 

英:Hydrolyzed Collagen

加水分解コラーゲンの安全性

10年以上の使用実績があり、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

狂牛病の問題から現在は原料に牛の使用は控えられています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました