アルガニアスピノサ核油(シャンプー成分事典)

アルガンの木 シャンプー成分事典

 

アルガニアスピノサ核油とは、いわゆるアルガンオイルのことです。

毛髪などからの水分蒸発量抑制や、水分量増加によるエモリエント作用のほか、頭皮などの弾力改善によるアンチエイジング効果が期待されます。

 

アルガニアスピノサ核油の特徴

アカテツ科植物アルガンノキ(アルガン)の種子から得られる植物油(植物オイル)です。

アルガンの木

アルガンオイル、アルガン油とも言われます。

 

ビタミンEや脂肪酸が豊富に含まれており、化粧品用基剤として、あるいはオイルが直接、化粧品などに利用されるようになっています。

アルガニアスピノサ核油に含まれる脂肪酸としては

オレイン酸、リノール酸(不飽和脂肪酸)、パルチミン酸、ステアリン酸(飽和脂肪酸)などが挙げられます。

 

シャンプーに配合される場合の効能としては

・毛髪などからの水分蒸発量抑制や、水分量増加によるエモリエント作用

・頭皮の弾力改善によるアンチエイジング

が期待されます。

 

分類:エモリエント剤、皮膚コンディショニング剤、閉塞剤

英:Argania Spinosa Kernel Oil

 

アルガニアスピノサ核油の安全性

10年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました