ラウロイルメチルアラニンNa(シャンプー事典)

 

ラウロイルメチルアラニンNaはヤシ核油やパーム油などから作られるアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)です。

アミノ酸系の洗浄成分としては比較的に洗浄力が高い成分で洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地です。

その他ラウロイルメチルアラニンNaのシャンプーの成分としての特徴や安全性について解説します。

 

ラウロイルメチルアラニンNaの特徴

ヤシ核油やパーム油などを加水分解して蒸留精製を行い生成されたラウリン酸に、アミノ酸の一種であるメチルアラニンを結合させ、製造される成分

オイルを加水分解して蒸留精製を行い生成されたラウリン酸に、アミノ酸の一種であるメチルアラニンを結合させ、製造されます。

「ココイルアラニンTEA」・「ココイルメチルアラニンNa」などと呼ばれることもあります。

 

アミノ酸系の洗浄成分ですから頭皮や髪への刺激は少ないですが、その分、洗浄力は比較的に低く、泡立ちにくいです。

ただし、洗浄力がマイルドなので適度に髪や頭皮の皮脂を残してくれるので、乾燥を防ぎ、頭皮のバリア機能を低下させることがありません。

アミノ酸系の洗浄成分としては比較的に洗浄力が高い成分で洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地

単体では起泡力はやや低いのですが、弱酸性下で両性界面活性剤との組み合わせると泡立ちが良くなります。

 

他の成分との組み合わせると、相乗効果でコンディショニング効果を発揮します。特に、カチオン化ポリマーと組み合わせることで優れた潤滑性を付与することが可能

注意するのは、脱脂力が強い他の洗浄成分と組み合わせて使われている場合はアミノ酸系のシャンプーとしては、洗浄力が若干強すぎる場合があります。

シャンプー以外では洗顔料、ボディソープなどに使われる。

アミノ酸系の中でも高価な成分です。

 

ラウロイルメチルアラニンNaの安全性

1960年代からの使用実績があり、頭皮への刺激がほとんど無く、アレルギーも起こりにくく安全性に優れたシャンプーの洗浄成分(界面活性剤)です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました