カボス果汁(シャンプー成分事典)

 

カボス果汁は皮脂酸化抑制作用により、頭皮や髪にある皮脂の酸化を抑えることで頭皮や髪にダメージを与える過酸化物質ができることを防ぎます。

また、紫外線などによる、皮膚老化の原因となるフリーラジカルの消去作用があるほか、頭皮の柔軟性・弾力性を低下させたり、老化を進める原因となるAGEsの産生抑制作用が認められています。

 

カボス果汁の特徴

カボス

カボス果汁は皮脂酸化抑制作用により、頭皮や髪にある皮脂の酸化を抑えることで頭皮や髪にダメージを与える過酸化物質ができることを防ぎます。

また、紫外線などによる、皮膚老化の原因となるフリーラジカルの消去作用があるほか、頭皮の柔軟性・弾力性を低下させたり、老化を進める原因となるAGEsの産生抑制作用が認められています。

・皮脂酸化抑制作用

・フリーラジカル消去作用

・AGEs産生抑制作用

 

注;フリーラジカル
活性酸素であるフリーラジカルは、電子が1つしかないので、不安定な物質で周りの物質から電子を奪ってしまい、細胞にダメージを与えてしまいます(人の体を酸化させ、いわゆる錆びさせるという状態にする)

注:AGEs(Advanced Glycation End Products)老化物質、糖化最終産物、タンパク質と糖が結びつく糖化によりできる、元に戻ることのない最終的な生成物で老化と密接に関係している物質。

 

英:Citrus Sphaerocarpa Fruit Juice

 

カボス果汁の安全性

カボス果汁は食用にも使用される成分で、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において安全性に問題は無いものと考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました