ココアルキル硫酸Na(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ラウリル硫酸Naと同系統(硫酸系)の洗浄成分で、洗浄力が高く、使用感の良い洗浄成分ですが洗浄剤の電荷が強く敏感肌には刺激になりやすく、分子が小さく残留性も高いので最近は避けられる傾向のある洗浄成分です。

ラウリル硫酸Naよりは低刺激ですが硫酸Na系統ですから、メインの洗浄成分として使用されているような場合、頭皮トラブルがあるような人であれば、使用は控えた方が良いかも知れません。

 

ココアルキル硫酸Naの特徴

ヤシアルコールの硫酸エステルのナトリウム塩で、ココナツオイルの脂肪酸から作られます。

ラウリル硫酸Naと同系統(硫酸系)の洗浄成分です。

 

洗浄力が高く、使用感の良い洗浄成分ですが洗浄剤の電荷が強く敏感肌には刺激になりやすく、分子が小さく残留性も高いので最近は避けられる傾向のある洗浄成分。

ラウリル硫酸Naに近い脂力と皮膚刺激性が懸念される古いタイプの洗浄剤=陰イオン界面活性剤。

ラウリル硫酸Naよりは低刺激ですが硫酸Na系統ですから、脱脂力と刺激が強い洗浄剤

 

参考:ラウリル硫酸Naは昔は市販のシャンプーの多くに使用されていましたが頭皮への刺激が強いことから、現在では分子量を大きくして皮膚への浸透を抑え、皮膚刺激を緩和させたラウレス硫酸Naが市販シャンプーの多くに使用されています。

 

ココアルキル硫酸Naの安全性

最近は高級アルコール系のシャンプーでも使われなくなったラウリル硫酸系に近い頭皮への悪影響が懸念される成分です。

直ちに害のあるような成分ではありませんが、頭皮トラブルがあるような人であれば、使用は控えた方が良いかも知れません。

国産シャンプーではあまり使われておらず、外国由来のシャンプーで使われている事が多いように感じます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました