アサイヤシ果実エキス(シャンプー成分事典)

アサイーの実 シャンプー成分事典

 

アサイヤシの果実(アサイー)から抽出して得られるエキスでポリフェノールやアンドシアニン、ビタミン類など抗酸化力の強い成分が多く含まれています。

ラジカル(活性酸素)消去による抗酸化作用、AGEs(老化物質)生成抑制による抗糖化作用により頭皮の活性化やリパーゼ阻害による毛穴環境改善効果(抗ニキビ・抗アクネ、毛穴ケア)が期待されます。

 

アサイヤシ果実エキスの特徴

アサイヤシの果実(アサイー)から抽出して得られるエキスでポリフェノールやアンドシアニン、ビタミン類など抗酸化力の強い成分が多く含まれています。

アサイーの実

期待される効果としては

・ラジカル消去による抗酸化作用

・AGEs生成抑制による抗糖化作用

・リパーゼ阻害による抗ニキビ・抗アクネ、毛穴ケア

などがあります。

 

注:フリーラジカル
活性酸素であるフリーラジカルは、電子が1つしかないので、不安定な物質で周りの物質から電子を奪ってしまい、細胞にダメージを与えてしまいます(人の体を酸化させ、いわゆる錆びさせるという状態にする)

注:AGEs(Advanced Glycation End Products)老化物質、糖化最終産物、タンパク質と糖が結びつく糖化によりできる、元に戻ることのない最終的な生成物で老化と密接に関係している物質。

注:リパーゼ阻害
中性脂肪は、リパーゼという脂肪分解酵素によって細分化されることで体内に吸収されますが、リパーゼを阻害することによって、食事に含まれる脂肪の分解を抑え、体内に吸収できなくすることで、カロリー摂取を抑えます。

 

英:Euterpe Oleracea Fruit Extract

 

アサイヤシ果実エキスの安全性

原料のアサイーは食品やサプリとしても使用されている成分で、シャンプーへの配合量や一般的な使用において安全性に問題の無い成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました