イタドリ根エキス(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

タデ科植物イタドリ(虎杖)の根茎から抽出して得られるエキスです。日本各地の山野に自生する多年草で、その名は「痛み取り」に由来するといわれています。

古くから漢方薬として使用され痛み止めや、血流改善に効果があるほか、抗老化(アンチエイジング)、収れん(毛穴の引き締め)、保湿効果が期待されます。

 

イタドリ根エキスの特徴

タデ科植物イタドリの根茎からエタノールで抽出して得られるエキスです。

イタドリは、日本各地、朝鮮半島、台湾、中国などの山野に自生する多年草で、その名は「痛み取り」に由来するといわれています。

漢方では虎杖根と呼ばれ、鎮痛、清熱解毒・止痛・退黄・活血などの効能があり、関節痛や黄疸、生理不順、火傷などに用いられます。

主な効用としては

・色素沈着抑制作用
・抗老化作用
・収れん効果
・保湿効果

 

イタドリ根エキスの安全性

イタドリ根エキスの安全性に関する詳細なデータはありませんが、古来から漢方薬や民間薬として使用されていることや

特に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)などの報告もないことから、シャンプーなどへの配合量や使用において安全性に問題はないと考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました