ココイルグルタミン酸Na(シャンプー成分事典)

 

植物油(ヤシ油)から作られるアミノ酸の一種であるグルタミン酸を化合して作られる代表的なアミノ酸系の洗浄成分です。

洗浄力はマイルドで、頭皮や髪への刺激は少ない成分ですが、アミノ酸系の洗浄成分としては比較的洗浄力や泡立ちは強い方で泡のキメが細かい特徴があります。

 

ココイルグルタミン酸Naの特徴

植物油(ヤシ油)から作られるアミノ酸の一種であるグルタミン酸を化合して作られるアミノ酸系の洗浄成分

アミノ酸系の洗浄成分ですから、洗浄力はマイルドで、頭皮や髪への刺激は少ない成分

といってもアミノ酸系の洗浄成分としては比較的洗浄力や泡立ちは強い方になります。

シャンプー製品に配合し使用する場合は髪にきしみ感が残ることが知られていますが、同時にポリクオタニウム-10などカチオン化セルロースを配合することで解決されます。

 

類似したものに、ココイルグルタミン酸TEAがあり、

ココイルグルタミン酸TEAはしっとり感と泡のこしが多い洗浄剤ですが、ココイルグルタミン酸Naは、泡のキメが細かい特徴があります。

ココイルグルタミン酸Naは、アミノ酸毛の洗浄成分の中でも、安全性が高い方で、環境への自然分解能力が高い洗浄剤です。

化粧品に配合されることもあり、その場合には、起泡、洗浄剤、乳化剤として使用されます。

ココイルグルタミン酸Naの安全性

洗浄成分(界面活性剤)としては低刺激で安全性の高い成分と言われています。

アレルギーも出にくく、肌の弱い人にも低刺激な洗浄剤として使用されており、通常の使用において安全性に問題のない成分と考えられます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました