レモン果皮油(シャンプー成分事典)

 

レモンの皮から取れる精油で、消毒・殺菌作用があるほか、血液の循環改善、過剰な皮脂分泌を抑えることで頭皮環境を整えるほか、アロマの効果など様々な効能が期待できます。

 

レモン果皮油の特徴

レモンの果皮を圧搾法または水蒸気蒸留法で抽出した得られる油です。

レモン

古くから虫刺されの消毒薬として使われていましたが、は緩下作用、利尿作用、強肝作用、血圧・血糖値降下作用、健胃作用、制酸作用、解熱作用、抗硬化作用、抗神経痛作用、抗リウマチ作用、止血作用、皮膚軟化作用など、非常に多くの症状に対して有効であると考えられています。

 

消毒・殺菌作用があるほか、毛細血管の修復や血液の循環に働きかけることから、頭皮環境の改善や髪の成長を促す効果が期待できます。

脂性肌に向いていて、余分な皮脂分泌を抑え、頭皮の環境を整えます。

 

また、レモン果皮油中の天然のフルーツ酸は、髪のキューティクルを整え、より多くの光を反射させることで髪にツヤを与えます。

アロマとしても使用されストレス解消やリフレッシュ効果が有ります。

 

英:Citrus Limon (Lemon) Peel Oil

 

レモン果皮油の安全性

レモン果皮油はフロクマリンという光毒性がある成分を含み、日焼けやシミの原因となります。

シャンプーなどの洗い流すことを前提とした製品であれば配合量や通常の使用において、安全性に問題の無い成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました