カプリリルグリコール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

カプリリルグリコールは、さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコールで、保湿作用もあります。

 

カプリリルグリコールの特徴

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコール(二価アルコール:グリコール)で、高い抗菌性を有する多価アルコールの一種であるアルカンジオールでもあります。

 

注:アルカンジオール
ジオール化合物の総称です。炭素数の少ない化合物は水にも油にもよく溶けます。アルカンジオールは保湿性能や防腐性能を有しています。

主な使用目的としては

・保湿

・抗菌・防腐による製品の安定化

があります。

 

分類:消臭剤、防腐剤、エモリエント剤

英:Caprylyl Glycol

 

カプリリルグリコールの安全性

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました