イランイラン花油(シャンプー成分事典)

 

イランイランはアロマテラピーで使用される精油として有名です。非常に特徴のある香りで好みが分かれる場合もあります。

アロマとして非常にリラックス効果が有るほか、皮脂の分泌バランスを整える働きが有り、頭皮環境を整えることで育毛効果も期待されます。

 

イランイラン花油の特徴

バンレイシ科の植物イランイランの花から採れる精油です。

アロマテラピーとして使用され、成分は安息香酸、ゲラニオール、リナロール、オイゲノール、カジネン、ピネンなどで、アドレナリンの分泌を抑える働きがあるとされ、心を落ち着かせ、リラックス効果が高い精油です。

皮脂の分泌のバランスを整える働きがあるので、乾燥肌に使用するとエモリエント作用、脂性肌に使用すると収れん作用により頭皮のコンディションを整えるため、育毛効果も期待されます。

 

英:Cananga Odorata Flower Oil

 

イランイラン花油の安全性

ランイランは濃厚な香りが特徴ですが、この香りが合わない場合に頭痛や吐き気を催すことがあります。

リラックス作用が高いので、集中力が必要とされる時には使用しないほうがよいとされています。

肌に刺激性があるので、敏感肌の人や炎症や皮膚炎がある場合は注意が必要です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました