コカミドMEA(シャンプー事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

コカミドMEAはココヤシの実から作られる界面活性剤(洗浄成分)ですが、洗浄成分と言うよりは、他の界面活性剤の補助として配合され、各種成分を均等に混ぜたり、粘度を増して触感を良くする効果があります。

シャンプー以外ではボディソープ製品、ハンドソープ製品、洗顔料などに汎用されています。

 

コカミドMEAの特徴や使われ方

コカミドMEAは洗浄成分ですが、単独では強い洗浄力や乳化力はなく、他の洗浄成分(界面活性剤)の補助役として使用されます。

コカミドMEAを配合することで、泡立ちをよくし、成分を均等に混ぜたり粘度を高めたりする効果があり、使用感をよくします。

 

シャンプーに配合することで髪をしっとりさせる効果があるほか、泡立ちをクリーミーにして、洗浄力を向上させる効果があります。

名前から、アミノ酸系の洗浄成分のように見えるかも知れませんが、非イオン界面活性剤に分類されます。

 

コカミドMEAの安全性

これまで50年以上の使用実績があり、刺激も少なく、アレルギーなどの可能性も低いことから通常の使用において、安全性に問題のない成分だと考えられています。

以前名前のよく似た(成分も似ている)コカミドDEAやコカミドTEAの発がん性が疑われたことがあり、その為にコカミドMEAにシフトしたという事情もありますが、これらの成分の発がん性については根拠は明確では無く、問題は無いと考えられています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました