セタノール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

セタノールは、高い吸湿性と保水性をもっており化粧品などにも広く使われている保湿剤です。

トリートメント / コンディショナーなどに使用される場合は、乳化補助、感触改良などの目的で使用され、乳化物を安定させるとともに粘度を上げ、また、適度にエモリエント性があり、毛髪に滑らかさと肌ざわりの良い感触を付与します。

その他、薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る働きもあり、温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する効果も有ります。

 

セタノールの特徴

パーム油(ヤシ科の植物から得られる植物油)を元にして得られる高級アルコール(脂肪族アルコール)です。

注:高級アルコールと言ってもいわゆるアルコール類とは別種の物質です。

高い吸湿性と保水性をもっており化粧品などにも広く使われている保湿剤です。

 

トリートメント / コンディショナーなどに使用される場合は

・乳化補助

・感触改良

などの目的で使用されます。

 

その他、薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る働きもあります。

温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する効果も有り、安定化剤、界面活性剤、滑沢剤、基剤、結合剤、コーティング剤、乳化剤、光沢化剤、粘度調整剤など非常に多くの用途で使用されています。

 

乳化補助

乳化物の乳化を安定化する目的で使用されます。

セタノール自体に乳化力はありませんが、乳化物に配合することで乳化を安定させる助剤として働きます。

また、乳化物の粘度を高め(増粘剤)ジェル様のみずみずしい質感をもたらしてくれます。

 

感触改良

適度にエモリエント性があり、毛髪に滑らかさと肌ざわりの良い感触を付与します。

また稠度(ペースト状物質の硬さ・軟らかさ・流動性など)、油ぎった感触の抑制にも使用されます。

 

分類:乳化安定剤、香料、不透明化剤、乳化剤、起泡剤、親水性増粘剤、非水系増粘剤

英:Cetyl Alcohol

 

セタノールの安全性

10年以上の使用実績があり皮膚刺激性は。ほとんどなし-軽度の紅斑、皮膚感作性については健常皮膚を有する場合はほとんどなしですが、皮膚炎または皮膚乾燥を有する場合はまれにアレルギー型接触皮膚炎を引き起こす可能性があります。

皮膚炎または皮膚乾燥などの症状を有している場合は、ごくまれにアレルギー型接触皮膚炎が報告されているため、注意が必要ですが、シャンプーなどへの配合量や通常の使用下において、一般的には安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました