ポリ-ε-リシン(シャンプー成分事典)

 

トウモロコシなどを微生物発酵して生成される天然のポリマーで、保湿作用があります。

また、抗菌作用が有り食品にも使用されている成分です。

1,3-ブチレングリコール、ポリオール系溶媒と併用したりすることでパラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を低くすることができます。

静電気防止やキューティクル補修、毛髪の感触改善、指通りをよくする作用もあり、シャンプーやトリートメントに配合されます。

 

ポリ-ε-リシンの特徴

必須アミノ酸のL-リジンが直鎖状につながっているポリアミノ酸です。

トウモロコシなどを微生物発酵して生成される天然のポリマーで、保湿作用があります。

また、抗菌作用が有り食品にも使用されている成分です。

 

1,3-ブチレングリコール、ポリオール系溶媒と併用したりすることでパラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を低くすることができます。

静電気防止やキューティクル補修、毛髪の感触改善、指通りをよくする作用もあり、シャンプーやトリートメントに配合されます。

その他、ヘアカラーの濃染・色持ち向上作用が期待されます。

 

分類:ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤、乳化剤

英:Polyepsilon-Lysine

 

ポリ-ε-リシンの安全性

天然に存在するアミノ酸で、食品にも使用されており、シャンプーへの配合量や通常の使用において安全性に問題の無い成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました