ロイシン(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

中性アミノ酸の脂肪族アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸で髪の主成分であるケロチンのうち6.5%を占める成分です。

化粧品などに配合される場合は、角質層水分量増加による保湿作用を目的に配合されます。

 

ロイシンの特徴

中性アミノ酸の脂肪族アミノ酸に分類される疎水性(水に溶けにくい)アミノ酸です。

髪の主成分であるケロチンのうち6.5%を占める成分です。

 

医療分野において水分や電解質などを点滴により投与するための輸液)に、食品においてアミノ酸バランスを改善した栄養強化食品などに配合されます。

化粧品などに配合される場合は、角質層水分量増加による保湿作用を目的に配合されます。

ヘアケアとアミノ酸、髪はどんな成分からできているのでしょう

 

分類:ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤

英:Leucine

 

ロイシンの安全性

30年以上の使用実績があり、皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどありません。

医薬品や食品にも含まれる成分で、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました