シスチン(シャンプー成分事典)

 

シスチンは髪の主要成分であるケラチンを構成するアミノ酸の中で最も多く(17.2%)含まれる成分です。

毛髪の性質に関して重要な役割をもち、毛髪がダメージをうけると、システイン、システイン酸などに変化します。

 

シスチンの特徴

髪の主要成分であるケラチンを構成するアミノ酸の中で最も多く(17.2%)含まれる成分です。

ヘアケアとアミノ酸、髪はどんな成分からできているのか

 

毛髪の性質に関して重要な役割をもち、毛髪がダメージをうけると、システイン、システイン酸などに変化します。

システイン酸:
システイン酸は毛髪に含有されるシスチンが酸化されたもので、毛髪が紫外線を浴びたり、パーマやカラーリングなどでダメージを受けると毛髪内で増え、毛髪のダメージ度合いを測る指標の一つとされています。

 

含有する硫黄はケラチンの成分となるので、シャンプーやトリートメント、スカルプケアなどによく使用されています。

シスチンの含有率が高くキューティクルのかさなりが多いと、硬い髪の硬毛になり、キューティクルの重なりが少ないと、柔らかい髪の軟毛になります。

 

シスチンの安全性

食品にも含まれ体内にも存在する成分ですから、安全性に特に問題は無いと考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました