ココイルアラニンNa(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

アミノ酸系のアニオン(陰イオン)界面活性剤で、アミノ酸系の洗浄剤としては洗浄力が高く、さっぱりとした仕上がりになるのが特徴です。

また、他の成分との組み合わせでコンディショニング効果も得ることができます。特に、カチオン化ポリマーと組み合わせることで優れた潤滑性を付与することが可能です。

 

ココイルアラニンNaの特徴

ヤシ油から得られた脂肪酸アシル基です。

ラウリン酸とアラニンからなるアミノ酸系のアニオン(陰イオン)界面活性剤で、アミノ酸系の洗浄剤としては洗浄力が高く、さっぱりとした仕上がりになるのが特徴です。

 

ココイルアラニンNa自体の起泡力は低いですが、弱酸性下で両性界面活性剤と組み合わせることで優れた増粘作用を発揮し、泡立ちが良くなります。

ミネラル分の多い硬水中でも、弱酸性下でも洗浄力、泡立ちが安定しており使いやすい洗浄剤です。

 

また、泡立ちと同様に、他の成分との組み合わせでコンディショニング効果も得ることができます。特に、カチオン化ポリマーと組み合わせることで優れた潤滑性を付与することが可能です。

ヘアコンディショナーとして髪を扱いやすく、しなやかで、柔らかく光沢のある状態に保ちボリューム、軽さ、輝きを与えます。

 

界面活性剤として配合されている成分を均一に混ぜ合わせます。

 

ヘアコンディショニング剤、洗浄剤

 

英:Sodium Cocoyl Alaninate

 

ココイルアラニンNaの安全性

発がん性、毒性、アレルギー性は低いとされています。

詳細データ不明

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました