パーム核脂肪酸アミドDEA(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

パームヤシから得られるヤシ油から作られる界面活性剤(洗浄成分)で、刺激が少なくパーム核脂肪酸アミドDEA自体に洗浄力はほとんどありません。洗浄力や泡立ちを向上させたり、粘度を増強するために補助成分として配合されます。

 

パーム核脂肪酸アミドDEAの特徴

植物(パームヤシ)由来のノニオン界面活性剤です。

パーム核脂肪酸アミドDEA自体には洗浄力はほとんど無く、アニオン界面活性剤などの補助剤として配合され、起泡や泡の安定性、洗浄力を向上させるために使用されます。

その他、ラウリル硫酸Naなどの刺激の強い洗浄成分と組み合わせることで、刺激を緩和する作用があります。

 

ちなみに、類似の界面活性剤のコカミドDEA との違いは原料にパーム核油を使っているかココヤシ油を使っているかの違いで、どちらも主成分はラウリン酸で性質に大きな違いはなく、原料メーカーによりアミド系非イオン界面活性剤を作る際にどちらの油を使用するかが異なっているだけです。

コカミドDEA(シャンプー成分辞典)

起泡剤、親水性増粘剤

英:Palm Kernelamide DEA

パーム核脂肪酸アミドDEAの安全性

皮膚炎がある場合、ほとんど影響は無いものの、長期間、日常的に暴露される場合に影響が出てくる可能性があります。

50年以上の使用実績があり、シャンプーなどへの配合量や通常の使用において、安全性に問題の無い成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました