豆乳発酵液(シャンプー成分事典)

大豆とミソ シャンプー成分事典

 

豆乳発酵液は豆乳を乳酸菌などで発酵させ、エタノールを加えて、ろ過してできたもので、原料の大豆には女性ホルモン様の働きをする大豆イソフラボンが大量に含まれており、抗酸化作用があることから化粧品などにもよく使われます。

豆乳には髪の主成分であるケラチンを構成するアミノ酸のグルタミン酸やアスパラギン酸も豊富に含まれており、これらが髪に吸着することで髪の保水力が向上します。

豆乳発酵液の特徴

大豆を絞って作られる豆乳を乳酸菌などで発酵させ、エタノールを加えて、ろ過してできたものです。

原料の大豆には女性ホルモン様の働きをする大豆イソフラボンが大量に含まれており、抗酸化作用があることから化粧品などにもよく使われます。

 

大豆とミソ

豆乳に含まれるアミノ酸は髪に吸着しやすい

豆乳にはアミノ酸が多く含まれ、この中には髪の主成分であるケラチンを構成するアミノ酸のグルタミン酸やアスパラギン酸も豊富に含まれており、これらが髪に吸着することで
髪の保水力も向上します。

ヘアケアとアミノ酸、髪はどんな成分からできているのでしょう

 

頭皮を活性化させる

豆乳には皮膚のターンオーバーを活性化させる効果が有り、頭皮の細胞が活性化されることで毛根などにも好影響を与えます。

 

豆乳を発酵させることで保湿や抗酸化作用がアップ

豆乳を発酵させることで​グルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸の割合が増加し、より保湿力が高まります。

また発行で、より保湿効果の有る乳酸が生成されるだけで無く、抗酸化作用がより高まるという研究もあります。

 

豆乳発酵液の安全性

普段口にしている大豆(豆腐やミソ、豆乳の原料)から作られている成分で有り、シャンプーなどへの配合量や一般的な使用において安全性に問題は無いと考えられます。

ただし、大豆アレルギーがある場合は注意が必要かもしれません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました