イソペンチルジオール(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

イソペンチルジオールはキューティクルの補修作用あり、トリートメントなどに配合することで毛髪のダメージ抑制と補修の効果が期待できることから、多くのヘアケア製品に配合されています。

 

イソペンチルジオールの特徴

株式会社クラレが開発した化粧品用の基剤です。(製品名:イソプレングリコール)

多価アルコールの一種で、保湿性や抗菌性があり、また無色透明、無臭で水性基剤での溶解性が高く、溶剤として基礎化粧品やベースメイク製品によく使用されています。

 

パラベンの代わりに防腐剤として配合されていることもありますが、パラベンほどの防腐作用はないため、他の防腐成分と一緒に配合されることが一般的です。

高い保湿性があり、化粧水や乳液などスキンケア製品に配合することで、皮膚の柔軟性を保ちます。

 

キューティクルの補修作用あり、トリートメントなどに配合することで毛髪のダメージ抑制と補修の効果が期待できることから、多くのヘアケア製品に配合されています。

また、髪は水に濡れることで水を吸収して膨らみますが、この結果、キューティクルが剥がれたり、たんぱく質が流出しやすくなるなど、ダメージを受けやすい状態となりますが、イソペンチルジオールはこの作用を抑制する効果があるとされています。

 

ちなみにソルビトールという成分と併用することでで、毛髪補修効果が向上することが確認されています。

また、起泡性があり安定した泡を作るので、シャンプーなどにも配合されることがあります。

 

分類:溶剤

英:Isopentyldiol

 

イソペンチルジオールの安全性

医薬部外品原料としての規格に適合しており、毒性や刺激性はほとんどなく安全性が高いとされています。

シャンプーなどへの配合量や通常の使用において安全性に問題はないと考えられます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました