ラウラミドDEA(シャンプー成分事典)

 

非イオン(ノニオン)界面活性剤の一種で、単体では洗浄作用は弱く、他の洗浄成分の補助として起泡剤や増粘剤として配合されます。

アミノ酸系の洗浄成分がメインのシャンプーなどでは泡立ちが良くないことが多いため、ラウラミドDEAを添加して粘性の高い泡を作り出します。

また、他の成分の刺激を弱める働きがあるので、他の界面活性剤の効果を残したまま頭皮への負担を軽くするために配合されることもあります。

 

ラウラミドDEAの特徴

ラウリン酸のジエタノールアミドで、非イオン(ノニオン)界面活性剤の一種です。

単体では洗浄作用は弱く、他の洗浄成分の補助として起泡剤や増粘剤として配合されます。

アミノ酸系の洗浄成分がメインのシャンプーなどでは泡立ちが良くないことが多いため、ラウラミドDEAを添加して粘性の高い泡を作り出します。

また、他の成分の刺激を弱める働きがあるので、他の界面活性剤の効果を残したまま頭皮への負担を軽くするために配合されることもあります。

シャンプーの泡

 

シャンプーなどに配合される主な目的は

・陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強

・泡の増粘

 

ラウラミドDEAの安全性

洗浄成分としては刺激は少ない方です。といっても他の洗浄成分との組み合わせによっては洗浄力が上がり、頭皮を乾燥させてしまうことがあります。

成分表の最初の方に記載されているようであれば、注意した方が良いかもしれません。

通常のシャンプーへの配合量や、一般的な使用において、安全性に問題は無い成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました