ココイルグリシンK(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

ヤシ油から得られる、アミノ酸系界面活性剤(洗浄成分)です。

優れた起泡力を有しており、石鹸に似た使用感と優れた洗浄性があることに加えて、アミノ酸系の特徴である低刺激な起泡・洗浄剤でもあります(アミノ酸系の洗浄剤としては洗浄力が強くやや刺激も強い)

さっぱりした感触を付与し、皮膚や頭皮につっぱり感がほとんどないのが特徴であり、また使用後にしっとり感を付与します。

 

ココイルグリシンKの特徴

ヤシ油から得られる、アミノ酸系界面活性剤のAG(Acyl Glycinate:アシルグリシン塩)に分類される陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。

起泡・洗浄の目的でシャンプーなどに配合されます。

 

優れた起泡力を有しており、アミノ酸系界面活性剤の中で最も構造的にセッケンに近く、石鹸に似た使用感と優れた洗浄性があることに加えて、アミノ酸系の特徴である低刺激な起泡・洗浄剤でもあります。

アミノ酸系の洗浄剤としてはクリーミーで豊かな泡立ちが得られるものの、洗浄力が強くやや刺激も強い

ココイルグリシンKは、さっぱりした感触を付与し、皮膚や頭皮につっぱり感がほとんどないのが特徴であり、また使用後にしっとり感を付与します。

 

英:Potassium Cocoyl Glycinate

 

ココイルグリシンKの安全性

・20年以上の使用実績
・皮膚一次刺激性:5%濃度において軽度
・皮膚累積刺激性:5%濃度において軽度
・眼刺激性:5%濃度において中程度
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

シャンプーなどの一時的な使用で皮膚から完全に洗い流すような製品に使用する場合、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました