発毛剤や育毛剤、違いや、そもそもどういうものなの

発毛剤と育毛剤 育毛

 

抜け毛や、生え際の後退が目立ってくるときになるのが発毛剤や育毛剤です。この二つはどう違うのでしょう。

そしてそもそもどういうもので、どういう成分が配合されているのでしょうか。

 

育毛剤と発毛剤とははどういうもので何が違うの

抜け毛が妙に多くなってきたとか、髪の生え際が気になるという人が気になるのが発毛剤や育毛剤

似たようなものの感じがしますが何が違って、一体全体どういうものなのでしょうか。

どちらも同じようなものの気がしますが育毛剤と発毛剤は明確に区別されています。

発毛剤と育毛剤

発毛剤とは

発毛剤とは、新たに毛髪を生やす「発毛効果」が認められている「医薬品」です。

今現在、生えていない髪の毛を生やし、毛量を増やすためのもので、AGA(壮年性脱毛症または男性型脱毛症)によって起こる薄毛や抜け毛を治療して改善するために使うものです。

また、生えてきた毛髪が抜けにくい頭皮環境をつくり、髪全体のボリュームを増やす目的もあります。

そして日本では「ミノキシジル」が外用剤で唯一発毛効果が認められているものです。

このミノキシジルの濃度によって発毛効果は変わり、日本で販売されている発毛剤の濃度は市販薬の場合5%以下になっています。

発毛剤は医薬品となっていて、ただし、使用対象が現在、AGA(壮年性脱毛症)の人に限られていてます。ですから抜け毛の予防や、最近ちょっと髪が薄くなってきたなんて人のためのものではありません。

単に、薄毛や抜け毛を予防したいという人は育毛剤(医薬部外品に分類されます)を使う事になります。

発毛剤に含まれる成分としては

・ミノキシジル
・デュタステリド
・フィナステリド
・プロペシア

があります。

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤とは

育毛剤は前にも述べたとおり、医薬部外品に分類され、頭皮の環境を改善することで、健康的な毛髪を育てる効果が期待されます。

髪のハリコシをしっかりさせ、抜けにくい丈夫な髪にするだけでなく、頭皮環境を改善することでフケやかゆみなどの頭皮トラブルを防ぐ効果もあります。

今現在、生えている毛髪を大切にして育てながら、頭皮環境を整えて抜け毛を防ぐ為のもので、既に抜け毛や、薄毛が進行してしまっている人(AGA(壮年性脱毛症)あるいは男性型脱毛症)の症状を改善させるためのものではありません。

薄毛が気になる人

育毛剤の種類

発毛剤と育毛剤を混同している場合が多いようですが、発毛剤は抜けてしまった毛髪を復活させるための医薬品、一方、育毛剤は今生えている髪の毛を、健康に育てたり、抜け毛を防ぐ為のもので医薬部外品に当たります。

 

注:医薬品は薬局でないと購入出来ませんが、医薬部外品はスーパやホームセンターなどでも購入することが可能

 

この育毛剤には飲むタイプ(内服)と頭皮につける(外用)するタイプがあります。

もっとも、育毛剤と言えば頭皮につけるタイプ(外用)のものが多く飲むタイプ(内服)のものは種類が少ないようです。

また発毛剤を育毛剤と紹介している場合もあるので注意が必要です。

 

育毛剤に含まれている成分

抜けてしまった毛髪を復活?させるのが発毛剤(医薬品)で、現在ある毛髪が抜けたり、ハリコシが無くなるのを防止するためのものが育毛剤(医薬部外品)となりますが、では育毛剤に含まれている成分にはどのようなものがあるのでしょう。

育毛剤に含まれる有効成分は3つに分類されます。

・発毛をうながす成分

・頭皮環境を改善する成分

・抜け毛を予防する成分

毛周期(毛髪サイクル)

発毛を促す成分

発毛を促すためには血流を良くすることで頭皮に栄養を行き渡らせ活性化することで、毛母細胞の働きをよくする必要があります。

よく使われる成分としては

アセチルデカペプチド-3(リジュリン)/イチョウ葉エキス/エビネエキス/Ⅼ‐アルギニン/オランダカラシエキス/サイトカイン/ショウブ根エキス/ステモキシジン/セファランチン/センキュウエキス/センブリエキス/チクセツニンジン/ツバメの巣エキス/トウガラシエキス/トランス-3,4-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン(t-フラバノン)/ナイアシンアミド (ニコチン酸アミド)/ニンニクエキス/パントテニルエチルエーテル/ヒキオコシ葉 / 茎エキス/ヒトオリゴペプチド-21 (IGF)/ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド (ピディオキシジル)/ペンタデカン酸グリセリド/6-ベンジルアミノプリン/アデノシン

髪と育毛剤

頭皮環境を改善する成分

頭皮環境も育毛に大きく影響します。

頭皮に炎症があったり、雑菌が繁殖していたりしてフケやかゆみが出ているような状態では、髪の毛も健康に成長する事が出来ません

よく使われる成分としては

イチョウ葉エキス/冬虫夏草エキス/ヒオウギエキス/亜鉛(塩化亜鉛)/アスコルビン酸 (ビタミンC / ビタミンC誘導体)/アセチルグルコサミン/アルニカエキス/アロエエキス/イオウ/イソプロピルメチルフェノール/イラクサエキス/ウメエキス/M-034 (海藻エキス、褐藻エキス)/L-システイン/l-メントール(メントール)/オウゴンエキス/オウバクエキス/カキタンニン/カシュウ/加水分解F-フコイダン/加水分解エラスチン/カワラヨモギエキス/キナノキ樹皮エキス/グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルレチン酸)/クロレラエキス/ココナッツオイル/ゴボウエキス/コメヌカエキス/コンドロイチン硫酸ナトリウム/酢酸トコフェロール/サクラ葉エキス/サンショウエキス/ジオウエキス/シスチン/シナノキエキス/ジフェンヒドラミンHCI/シラカバエキス/水溶性プロテオグリカン/セイヨウアカマツ球果エキス (マツエキス)/セイヨウキズタエキス/ソウハクヒエキス/チャエキス(緑茶エキス)/チョウジエキス/チンピエキス/ティーツリー油/トウキエキス/トウニンエキス/トコフェロール (ビタミンE)/トリペプチド-1銅/ビオチン/ビタミンA油/ヒノキチオール/ピリドキシンHCI/ピロクトンオラミン/ビワ葉エキスプラセンタエキス/ボタンエキス/ホホバ~(ワックス、油)/ポリリン酸Na/ミレットエキス/メチオニン/モモ葉エキス/ユーカリエキス/ユキノシタエキス/ユッカグラウカ根エキス/リシン/ローズマリーエキス/ローマカミツレ花エキス/クジンエキス/ジフェンヒドラミン塩酸塩/サイトプリン/

ローマンカモミール

抜け毛を予防する成分

毛が抜ける大きな原因としてはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが大きく関係してきます。

よく使われる成分としては

アセチルテトラペプチド-3アカツメクサ花エキスキャピキシル)/エチニルエストラジオール/冬虫夏草エキス/ノコギリヤシ/ヒオウギエキス/フィナステリド

 

まとめ

発毛剤と育毛剤を取り違えている人がいますが、発毛剤は医薬品、日本では実質ミノキシジル配合が標準となっています。

一方育毛剤とは医薬部外品に分類され、スーパーやホームセンターなどでも購入が可能です。

ただし、発毛剤と違って抜けてしまった毛髪を復活するためのものではなく、今ある毛髪を健康に伸ばして、抜けにくくするためのものです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました