育毛シャンプーとは?普通のシャンプーと何が違うの?

薄毛が気になる人 育毛

 

育毛シャンプーというものがあります。育毛と言うくらいですから、薄毛の人が使うと髪の毛が生えてくるのでしょうか、普通のシャンプーと何が違うのでしょう。

 

育毛シャンプーで髪の毛は生えてきません

頭皮トラブルを気にしている男性

育毛シャンプーを使用したからといって、髪の毛が薄くなった人、髪の生え際が後退してきた人の毛髪が元に戻るわけではありません。

というと「なあーんだ、育毛って言いながら、髪の毛の復活に効果が無いんだ」「じゃあなんのために育毛シャンプーなんてあるの」って言葉が聞こえてきそうです。

では育毛シャンプーはなんのためにあるのでしょう。

 

育毛シャンプーは頭皮を健康な状態に保ち環境を良くすることで毛髪が元気に育つようにするためのものです。

時々、育毛シャンプーより直接的に、育毛剤使った方がお金の節約になるんじゃないかって言う人がいますが、頭皮や髪を清潔に保ち、頭皮の状態を良好に保つことで育毛剤なども頭皮に浸透しやすくなります。

また、一般のシャンプーの中には刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまうようなものも多いので、そういう点でも、毛髪が気になる人は育毛シャンプーと呼ばれるものを選ぶ価値があります。

髪の美しい女性

普通のシャンプーの1番デメリットな所

髪や頭皮を清潔に保つだけなら普通のシャンプーで良いじゃないって思う人もいるでしょう。

でも、髪の毛が気になる人にとって、市販の普通のシャンプーって結構、デメリットがあります。

その大きな理由は洗浄力が強すぎるという点です。

一般のシャンプーのほとんどは高級アルコール系の洗浄成分を使用しています。

 

主なものとしては

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

 

普通のシャンプーは配合量が多い順に、全成分をパッケージに記載することが義務づけられていますから、ちょっとパッケージの裏側を見てみれば分かりますが、市販のシャンプーのほとんどは、この二つのうちのどちらかがメインの洗浄成分になっています。

この、高級アルコール系の洗浄成分は、若くて健康な頭皮の人ならさほど問題になりません。

しかし、洗浄力が強力で髪や頭皮にある皮脂成分をしっかり洗い流してしまいます。

 

中にはそれの何が悪いのって思う人もいるかもしれません。

でも、皮脂は、もともと髪や頭皮を保護する為の天然のオイルです。

このオイルが綺麗さっぱり洗い流されてしまうとどうなるかというと

まず、頭皮を保護する成分がすっかりなくなってしまった結果、頭皮や髪が無防備で外界にさらされてしまうことになります。

薄毛の人の頭皮

 

また頭皮にはお腹の中の腸内フローラと同じように様々な細菌がバランスを保ってフローラを形成して雑菌などの侵入を防いでいますが、この頭皮の細菌フローラが綺麗さっぱり洗い流されてしまうために

細菌のバランスが崩れて、雑菌が侵入しやすくなっています。

頭皮

 

また、人の、自然な防御反応として、皮脂が全く無くなってしまうことは、頭皮にとって危険な状態ですからせっせと皮脂を分泌しはじめます。

しかし、翌日もシャンプーによって皮脂が綺麗さっぱりとぬぐい去られることになると、頭皮はますます、これはいかんと言うことで皮脂を大量に出すようになります。

この結果、翌日の夕方には髪がべとべとするだけなら良いのですが、皮脂が毛穴に詰まったり、頭皮や髪が脂ぎって、こりゃいかんとますます、しっかりと強力なシャンプー剤で頭を洗いまくることで、頭皮の常在菌もすっかり洗い流されて

などという悪循環におちいってしまいます。

皮脂でべとべとになった頭皮

ですから、抜け毛が気になったり頭皮トラブルを抱えている人は、普通の市販のシャンプーでは無く、まずは洗浄力のマイルドなシャンプーを選ぶようにした方が良いでしょう。

 

育毛のためにはどんなシャンプーを選べば良いのでしょう

育毛シャンプーであれば、おそらく大丈夫だとは思いますが、選ぶときにいくつかの重要なポイントがあります。

洗浄成分がマイルドな物を選ぶ

一般に市販されている、高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強力過ぎて頭皮にダメージを与えますからなるべく洗浄力がマイルドなもの

通常はアミノ酸系のシャンプーを選びます。

ていうか、育毛シャンプーと名乗っているものであれば、当然アミノ酸系の洗浄成分がメインになっているはずです。

 

そうはいっても時たま

「アミノ酸洗浄成分配合」=洗浄成分のごく一部だけにアミノ酸系の洗浄成分を使っているだけ

とか、あるいは、ごく当たり前のように洗浄力が強い洗浄成分を使っているものもありますから注意が必要です。

まずは、アミノ酸系の洗浄成分を使用していることが一番重要なポイントになります。

 

注意するのはアミノ酸系の洗浄成分は泡立ちも悪く洗浄力も弱い(わざと弱くしてあります)のですが、高級アルコール系の強い洗浄力や刺激になれていると、泡立ちが悪いとかさっぱり感がないとかという不満を口にする人がいます。

でもそれって、頭皮や髪に悪影響を与えないためのものですから、アミノ酸系のシャンプーはそういうものだと理解して使うようにしましょう。

シャンプーの泡

合成香料不使用

次ぎにポイントになるのが合成香料不使用なもの

シャンプー選びの際に香りが良いもの、長く香りが残るものなどという基準でシャンプー選びをする人がいます。

合成香料を使えばどのようにでも香りをコントロール出来ますし、強く、長く残る香りにする事も出来ます。

 

ところがこの合成香料というものは、意外と頭皮にダメージを与える成分です。ですからちゃんとした育毛シャンプーは合成香料を使用していませんし、また、合成香料を使用していないということはそれだけ頭皮環境を改善するための成分にこだわっている証明にもなります。

育毛シャンプーの中には天然の香料にこだわった結果、香りが弱いという口コミが出ているものも多いようですが、育毛という観点からすると、強い香りのするものよりはよほど、育毛に効果があります。

 

どうしても、香りにこだわりたい人は天然のアロマ成分を配合してあるシャンプーを選ぶという方法もあります。

天然のアロマ成分であれば頭皮へのダメージも少ないですし、癒やし効果でストレスが少なくなれば、これも育毛に大きな効果が出ることになります。

レモン

頭皮環境や育毛に効果のある天然エキスなどが含まれている

育毛シャンプーには様々な、育毛に効果のある成分(特に天然の成分)が配合されています。

主なものとして

・頭皮の血流を改善したり発毛を促す成分

・頭皮環境を改善して、頭皮トラブルを防ぐ成分

・抜け毛を予防する成分

血流を改善することで、毛根への栄養補給が活発になる結果、毛髪が健康に生育したり、発毛を促す成分で、毛周期サイクルを改善したりします。

 

また、頭皮トラブルを改善し、炎症を抑えたりフケやかゆみを改善することも育毛に効果があります。

さらに抜け毛を予防する成分などを配合している場合があります。

よく配合されているものとしてはアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスがあります。

この二つの成分は、発毛成分のミノキシジルの3倍の育毛効果があるとも言われているキャピキシルの2大主要成分です。

 

注:キャピキシルは医薬品ではなく化粧品に分類されています。

キャピキシル(シャンプー成分辞典)

 

防腐剤不使用は要注意

パラペンなどの防腐剤不使用という育毛シャンプーも結構あるのですが、単にパラペン以外の防腐剤を使用していたりすることも多いです。

防腐剤は、頭皮にあまり良い成分では無いというものの、シャンプーって防腐剤が入ってないと雑菌が繁殖してすぐに腐ります。

 

中には冷蔵庫で保管してくれってものもありますが、多くは、天然の防腐剤使っていたりとか、様々な抗菌成分を組み合わせて工夫しているものもあります。

もっとも、最初に言ったとおり、ただ単にパラペンなどの評判の悪い(パラペン自体は特に頭皮に悪いというわけでは無いですが「旧表示指定成分」ということで、悪者にされている)防腐剤を使っていないだけで普通に、別の刺激の強い防腐剤を使用している場合もよく見かけます。

この辺りは、なかなか成分から見分けるのは難しいですから、あまり気にしない方が良いかもしれません。

化学物質

注:旧表示指定成分とは1980年に厚生省によって指定された、表示が義務づけられた102の化粧品の成分で、ごくまれにアレルギーなどが発生する可能性のある成分です。2001年に化粧品の全成分表示が義務づけられたことから廃止されています。

防腐剤などの中には2001年以降に開発されたものもあり、場合によっては旧表示指定成分より刺激が強いものがある可能性もあるわけで、過剰に旧表示指定成分を悪者にするのはどうなのよという気もします。

逆に、長年の使用実績があることから、ある意味、一定の安全性が保証されている成分だとも言えます。

 

まとめ

育毛シャンプーと言っても、使ったから毛が生えてくるといった性質のものではありません。

では育毛に効果が無いのかというと、頭皮環境を整え、頭皮を健康な状態に維持することで、髪の毛を抜けにくくしたり、育毛剤や発毛剤の効果を向上させたりする効果があります。

普通のシャンプーを使用していると頭皮などへのダメージがあり、育毛に悪影響がありますから、抜け毛や、髪の生え際が気になるような場合は、良質な育毛シャンプーと言われるものを使用した方が良いでしょう。

 

発毛剤や育毛剤、違いや、そもそもどういうものなの

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました