AGAとは、AGAで薄毛になる原因は?

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の略語です。

多くは男性によく見られる症状で、原因は男性ホルモンと体内の酵素が結びついて作り出される物質が原因になります。

 

AGAとは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の略語です。

成人男性によくみられる髪が薄くなってくる状態のことで、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていて、年齢と共に抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

現在では薄毛や抜け毛に悩む男性のほとんどがAGAであるといわれています。

薄毛に悩む男性

 

AGAの原因は

AGA(エージーエー)の脱毛部にはジヒドロテストステロン(DHT)が高濃度にみられ、これが抜け毛を促進したり、ヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。抜け毛が増えたり、毛髪サイクルのうち成長期が短くなることにより、髪の毛がしっかり成長する前に毛穴が休眠期に入ってしまい、休眠期の毛穴の割合が増えることになります。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンと体内にある5α-リダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。

5α-リダクターゼが薄毛の原因になる理由とその働きを抑制する食べ物

AGAは主に上記のように男性ホルモンに起因して発症する症状ですが、男性ホルモン以外にも遺伝や生活習慣など様々な要因が関わっていると考えられています。

 

薄毛に悩む男性

まとめ

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の略語です。

男性ホルモンと5α-リダクターゼが結びついて出来るジヒドロテストステロン(DHT)が原因で、年齢と共に次第に薄毛が進行していきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました