ニオイテンジクアオイ油(シャンプー成分事典)

 

一般的にはローズゼラニウムと呼ばれる植物で、ローズゼラニウムの全草または葉から抽出される精油です。

アロマテラピーなどで使用されており、バラに似た香りがするので香料としても使用されます。

皮脂分泌の量をコントロールする働きがあるので、乾燥肌から脂性肌まで使用でき頭皮環境の改善に効果が期待できるほか、血行促進作用があることから、毛根の活性化にも期待が持てます。

 

ニオイテンジクアオイ油の特徴

一般的にはローズゼラニウムと呼ばれる植物で、ローズゼラニウムの全草または葉から抽出される精油です。

ローズゼラニウム

アロマテラピーなどで使用されています。

古くから下痢止めや健胃薬、解熱、鎮痛剤など民間薬として使用されてきています。

皮脂分泌の量をコントロールする働きがあるので、乾燥肌から脂性肌まで使用でき頭皮環境の改善に効果が期待できます。

血行促進作用があることから、毛根の活性化にも期待が持てます。

バラに似た香りがするので香料としても使用されます。

 

英:Pelargonium Graveolens Oil

 

ニオイテンジクアオイ油の安全性

IFRA(国際香粧品香料協会)ではアレルギーを引き起こす皮膚感作性成分を含有している精油に指定しています。植物アレルギーがある場合や肌が敏感な人は注意が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました